Search

検索したいワードを入力してください

おたまじゃくしの飼育方法とは?食べ物を与える時に気を付けたいことを紹介

更新日:2022年09月08日

あなたはおたまじゃくしについて詳しく知っていますか。本記事では、おたまじゃくしの採取の方法から飼い方まで詳しく紹介します。おたまじゃくしが変態してカエルに成長するにつれての変化の過程などもわかりますよ。ぜひ最後までお読みください。

おたまじゃくしの飼育方法とは?食べ物を与える時に気を付けたいことを紹介
初夏から夏にかけて、田んぼや沼地などの水辺で見かけることがあるおたまじゃくしですが、よく見かけるものの、どんな生き物で、飼うとしたら何に注意すればいいのかをよく知っている人は、意外に少ないのではないでしょうか。

本記事では、おたまじゃくしの特徴や何を食べて育つのかなどを紹介します。また、足が生えたおたまじゃくしの対処法もお伝えします。

この記事を読むことで、おたまじゃくしについて詳しくなり、飼い方のコツなども知ることができるでしょう。また、変態してカエルになっていく過程やカエルになってからの注意点などもわかるようになりますよ。

おたまじゃくしについて詳しく知りたい方、飼い方を知りたい方はぜひ最後までお読みください。

おたまじゃくしはどんな生き物?

おたまじゃくしはカエルの幼生です。見た目が調理道具の「お玉杓子」に似ていることから「おたまじゃくし」という名前になったといわれています。卵からかえってカエルになるまでの間の時期を指します。

四肢はなく、頭が大きく尾が長いのが特徴です。春から初夏にかけて群生し、田んぼや沼地、河川などの流れが穏やかな水辺に生息します。

おたまじゃくしは雑食性で、ミジンコや水草、小魚の死骸、小型の昆虫などを主に食べます。だんだん大きくなるにつれて足が生え、尾がなくなり、カエルの姿へと変化するのです。

変化の過程でエラ呼吸から肺呼吸へと変わり、陸上でも生活できるようになります。

このように、おたまじゃくしは成長する過程で「変態」し、姿や生息場所をガラリと変えます。

おたまじゃくしの採取方法

カエルは春先から初夏にかけて、田んぼや沼地、河川などの流れが穏やかな水辺に卵を産みます。その時期にそれらの水辺に足を運べば、おたまじゃくしを容易に見つけることができます。

おたまじゃくしを採取する場合は、必ず泳いでいた場所の水と一緒にすくい、直接手で触れないようにしましょう。手で触れると弱ってしまう可能性があります。採取する際は、水ごとすくえる容器、おたまじゃくしを入れる容器を用意しましょう。

また、持ち帰ってすぐの飼育用に採取場所の水をペットボトルなどに多めに汲んで持ち帰りましょう。

水がこぼれないようにするためにも、入れる容器はふたがあるものをおすすめします。長靴などの濡れてもいい靴もあったほうが足元を気にせず採取しやすいです。

おたまじゃくしの飼育方法

おたまじゃくしを飼育するには、水槽、飼育水、食べ物が必要です。用意してから飼育をはじめましょう。

おたまじゃくしを飼育するのはそれほど難しくはありませんが、いくつか注意しなければいけないこともあります。大量に飼育しようとすると、共食いする危険性もあります。飼育の際は、飼うのに適した数を考えて飼育しましょう。

日本で採取できるおたまじゃくしのなかで大きいのは、ウシガエルのおたまじゃくしです。ただし、ウシガエルは特定外来種に指定されており、法律で飼育が禁止されています。採取したり移動させたりしても違法となりますので注意が必要です。

おたまじゃくしが成長してカエルになった後は、飼育難易度が一気に上がります。飼いきれないと判断したら、早めに元の場所へ戻してあげるほうがいいです。

水槽について

おたまじゃくしは、変態していずれカエルとなります。はじめのうちは、ある程度の水が張れる容器で飼育することもできますが、あとあとのことを考えるとふたが付いた水槽を用意する必要があります。

おすすめの水槽は、ふたに大きな隙間がない爬虫類飼育用の水槽です。

水槽の大きさは、飼育するおたまじゃくしの種類や数を考えて選ぶ必要があります。例えば体長5cm程度の大きさになるニホンアマガエルのおたまじゃくしの場合は、10匹前後で60cm規格の水槽(幅×奥行:60×30cm)が必要です。

おたまじゃくしは成長してどんどん変態していく生き物です。成長後のことも考えて、水槽を選ぶ必要があります。

飼育水について

飼育水は、はじめのうちは採取したときにおたまじゃくしと一緒に持ってきた水を使用すれば大丈夫です。水が汚れてきたら、交換しましょう。

飼育水は水道水をしばらく汲み置きしてカルキを抜いた水を使用します。そのままの水道水にはカルキが含まれており、抜かないで使用するとおたまじゃくしが死んでしまう場合もあります。忘れずにしばらく汲み置きしてカルキを抜いた水を使用しましょう。

おたまじゃくしの飼育に適した水温は25℃前後がよいとされています。直射日光があたらない温かくて明るい場所が適しています。水温が上がりすぎると弱ってしまう可能性があるので、注意が必要です。

また、水を交換する場合は、おたまじゃくしを飼育している水槽の水と同じ温度にしてから交換するとよいでしょう。

食べ物について

おたまじゃくしは雑食性なので、人工餌、水草、野菜、生き餌、昆虫や赤虫など、基本的には何でも食べます。

かつお節や煮干しなどの動物性の食べ物や、ゆでたホウレンソウなどの植物性の食べ物などもよく食べます。

下向きに口がついているので、浮いてしまう食べ物は上手く食べられません。沈みやすい食べ物を選んで与えると良いでしょう。ただし、食べ残した場合は水を汚しやすいので、生の食べ物よりも人工飼料をメインに与えることをおすすめします。

人工飼料をメインに与える場合は、同じエサばかりでは栄養バランスが偏る可能性があります。そういう場合は、前述の食べ物を少しずつ与えてみるといいでしょう。

エサは1日2回ほどで、食べ残さない程度の量をあげましょう。

水草も食べますので、水槽に入れておくといいです。

混泳について

おたまじゃくしは、メダカや金魚と一緒に飼っても問題はありませんがおすすめはしません。また、種類の違うおたまじゃくしの混泳も避けた方が無難です。

混泳をすすめない理由としましては、捕食の問題と成長スピードの差です。

他の魚などと体格差がある場合、食べられてしまう可能性があるため注意が必要です。種類が違うおたまじゃくしの場合も、成長スピードに差があるため食べられてしまう可能性があります。

また、おたまじゃくしは成長スピードも早く変態するため、いつまでも他の魚と一緒に飼育することは難しいです。成長するにつれ水槽内に陸地も必要ですし、飛んでいかないために水槽のふたも必要です。小さいうちは混泳可能であっても、あまりおすすめしません。

食べ物を与える時に気を付けたいこと

次のページ:おたまじゃくしに足が生えてきたらどうすればいい?

初回公開日:2022年08月04日

記載されている内容は2022年08月04日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related