Search

検索したいワードを入力してください

インコの鳴き声の意味とは?鳴き声の種類別|インコの気持ち8選

更新日:2020年08月08日

インコの鳴き声には種類があって、それぞれ違った感情を表現しています。この記事ではそんなインコの鳴き声の種類や特徴、呼び鳴きをやめさせる方法などを紹介しています。鳴き声からもインコの気持ちを理解して仲良く暮らしたいという方はぜひ読んでみてください。

インコの鳴き声の意味とは?鳴き声の種類別|インコの気持ち8選

インコの鳴き声別!インコの気持ち

インコはさまざまな鳴き方を使い分けていて、そのインコの鳴き声の1つ1つには意味があります。インコの鳴き声はあなたの家族のインコはどのような鳴き方をしていますか?

今回はそれぞれの鳴き声の特徴や意味を紹介します。
鳴き声回数速さ簡潔な気持ち
「ピッ」1、2回疑問
「ピーピー」何度もどこ?
「チチチチチチ」場合による中~大やめてほしい
「ギャギャギャ」場合による本当にやめてほしい
「ピヨピヨ」何度もリラックス
「ギコギコ」何度もゆったり
「キュー」何度も苦しい
「ピュロロ」何度も大好き

インコの鳴き声別!インコの気持ち1:ピッと鳴く

「ピッ」と短く高めのインコの鳴き声は、慣れないものや新しいものを見たときに少しの警戒心を表した鳴き声だと考えられています。

目の前であったり自分より高い場所に見慣れていない少し怖いものがある時、インコは警戒心を抱くと同時に不安な気持ちになりストレスになってしまう場合があるのであまりよろしくないです。

しかしインコのケージに設置しておくべき必要最低限のグッズを新しくする場合や、インコを動物病院へ連れて行くために通院用のケースに入ってもらわなければならない場合などはストレスを感じない程度に少しずつ慣れさせてあげることをします。

インコの鳴き声別!インコの気持ち2:ピーピー鳴く

長く大きく、そして何度も「ピーピー」というようなインコの鳴き声は呼び鳴きです。特に、あなたや家族の姿がインコから見えなくなった場合にこの鳴き方をしていて、その人物が姿を見せたときに鳴き止む場合は確実に呼び鳴きです。

この鳴き方はインコによっては本当に大きく近所にも聴こえてしまう場合があります。なので、できるだけやめさせたいという方もいるかと思います。

自分を探して一生懸命呼んでくれるというのは少し嬉しい、という方もいるかもしれませんがわがままな性格になってしまう可能性もあります。

呼び鳴きをやめさせる方法については後に紹介するので、そちらをご覧下さい。

インコの鳴き声別!インコの気持ち3:チチチチチチと鳴く

「チチチチチチ」といつもの声より少し低めで激しめのインコの鳴き声は、警戒や威嚇を表している可能性があります。聞きようによっては「ケケケケ」と言っているように聞こえる場合もあります。

特にこの鳴き方は噛みつきながら、逃げながらなどの拒絶するような素振りも行っていることがあるので比較的わかりやすいです。

見慣れないものを見たり、ケージの中など自分の縄張り内に入ってこられたときなど基本的には「嫌だ」と言う気持ちを主張していると思われます。

インコはストレスを溜めやすい生き物なので、もしインコがこの声を出したときはすぐにその原因である動作をやめてあげた方が良いでしょう。

インコの鳴き声別!インコの気持ち4:ギャギャギャと鳴く

「ギャギャギャ」という私たちに人間とって少しうるさく感じるトゲトゲとしたインコの鳴き方は威嚇や不快感、もしくは興奮を表しています。

嫌いなものが自分に近づいたときに追い払うように鳴くこともあるので、もし何か不快感を与えるものとして心当たりがある物はすぐにインコから遠ざけてあげてください。

その対象が一緒に飼っているインコの場合もありますが、その場合もストレスを軽減させるためにお互いを遠ざけるよう工夫をすることが好ましいです。

また、臆病な固体などバタバタと羽を羽ばたかせて少しパニックになりながらこの鳴き方をする子もいるのでそのような素振りが見られた場合はすぐに原因を突き止めてあげましょう。

インコの鳴き声別!インコの気持ち5:ピヨピヨ鳴く

小さい声で「ピヨピヨ」と鳴くインコの鳴き声は、特にインコにとっては意味のない独り言である可能性が高いです。

特に誰に向かってというわけでもなく、カゴの中でのびのびと羽繕いをしたりご飯を食べたりなどしながらこの鳴き方をしているときはリラックスをしている証拠だと言えるのでたまには構わずゆっくりとさせてあげてもいいかもしれません。

逆に、このさえずるような声を出しているときはご機嫌なときだと言えるので放鳥後でなければ言葉を覚えさせたり一緒に遊んであげたりするタイミングとしても相応しいと言えます。

インコの鳴き声別!インコの気持ち6:ギコギコ鳴く

インコが「ギコギコ」、もしくは「ギョリギョリ」と鳴いていることがありますが、実はあの音はインコの鳴き声ではなく上下のクチバシ同士を擦り合わせる音です。

この動作を「咬耗」と言って、武士が刀を研ぐようにインコも自分にとっての最大の武器であり道具であるクチバシを明日に備えて研いでいるという風に考えられています。

実際にインコを飼っている人は、インコを寝かせようとケージにカバーをかけたときや電気を消してインコがリラックスして眠たくなってきた頃にこの音が聴こえてくることがあるかと思います。

インコの鳴き声別!インコの気持ち7:キューと鳴く

次のページ:インコの鳴き声がうるさい場合の対処法

初回公開日:2019年08月22日

記載されている内容は2019年08月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related