Search

検索したいワードを入力してください

フクロウ・ミミズク・コノハズクはどう違う?それぞれの特徴も紹介

更新日:2022年09月01日

ペットとして飼えるのはフクロウ?ミミズク?コノハズク?そもそも何が違うのかご存知でしょうか。本記事では呼び方を使い分けている理由やフクロウの生態、飼うことのできる種類を紹介します。フクロウと暮らしてみたい方は、この機会にぜひチェックしてみてください。

フクロウ・ミミズク・コノハズクはどう違う?それぞれの特徴も紹介
「フクロウとミミズクは、何が違うの?」
「コノハズクを写真で見たけど、この姿はフクロウじゃないの?」
「ペットとして飼えるのは、フクロウ?ミミズク?コノハズク?」
このように混乱している人も多いのではないでしょうか。

フクロウやミミズク、コノハズクは全てフクロウ目の鳥類です。では、なぜ呼び方が違うのでしょう。

この記事では、フクロウの詳しい生態をはじめ、呼び方を使い分けている理由や飼うことのできるフクロウの種類をまとめています。

記事を読むことで、フクロウやミミズク、コノハズクの生態や、なぜ呼び方が違うのかを正確に知ることができるでしょう。

フクロウ目の鳥類を飼育したことがない方も、この機会にぜひチェックしてみてください。

フクロウとは?

フクロウとは、鳥綱フクロウ目フクロウ科フクロウ属に分類される鳥類のことを指します。

生物学上の分類で言えば、フクロウやミミズク、コノハズクは全てフクロウの仲間です。しかし、呼び方が変わることで、どういった特徴のフクロウを示すのかには違いがあります。

その違いを見てみましょう。

分布と主な生態

フクロウは、砂漠から北極圏まで世界中で生息し、日本でも北海道から九州まで幅広い地域に分布しています。そのような広範囲で生息するフクロウですが、どのように暮らしているのでしょうか。

まず食生活ですが、フクロウは肉食であり、主にマウスやスズメのような小さい鳥、カラスを食べます。

ほとんどのフクロウはその食べ物を調達するために夜に狩りをします。なぜ夜に狩りをするのでしょうか。

昼間は、タカやハヤブサのような、フクロウよりも速い速度の猛禽類が先に餌を取るため、速度の遅いフクロウが狩りをするには非効率です。また、フクロウはカラスに見つかると集団で追いかけられて、追い払われてしまうこともあり、カラスの起きている昼間の活動ができません。

このような理由でフクロウは夜行性なのです。

夜行性のフクロウは視神経が発達して、集光力が高く、夜の暗闇でも小さい動物を捕らえられるようになりました。

フクロウは全長が50cm程度あるにもかかわらず、音を立てずに飛びます。これは、風切羽という他の鳥に見られない特殊な羽を持っているためです。

風切羽は形状がキザキザしており、気流の逆流を防ぐようにできているため静かに飛ぶことができ、獲物に逃がさずに捕らえることができます。

木に擬態して細くなる

アフリカオオコノハズクという種類のフクロウは、タカなどの敵から身を守るために体を細くし、木に擬態します。

飼われているアフリカオオコノハズクは、部屋に飼い主以外の人が入ってきたり、帰宅してきた飼い主が急に電気をつけたりしたときに、警戒して細くなることがあります。

フクロウとミミズク・コノハズクの違い

フクロウとミミズクの違いは、頭に羽角(うかく)という耳に見える飾り羽がついているかどうかです。羽角がないものをフクロウと呼び、羽角のあるものをミミズクと呼びます。

ミミズク(ミミヅク)という名前の由来は耳付くであるという諸説もあるほど、羽角は特徴的です。ミミズクによっては長い羽角を持った種類や、コミミズクのように羽角がほとんど判別できない種類もいます。

羽角がなくてもミミズク、シマフクロウのように羽角があってもフクロウと呼ばれる種類もいますが、そのような呼び名が変わるものは種類が限られていますので、おおむね羽角の有無で判断してよいでしょう。

では、コノハズクとの違いはどのようなものでしょうか。コノハズクも羽角がついており、ミミズクの仲間ですが、ミミズクとコノハズクの違いはその大きさです。

ミミズクの中でも、最小種のミミズクをコノハズクと呼びます。フクロウの全長約50cmに対し、コノハズクの大きさは全長20cm程度なので小さめです。

このように、フクロウ目の鳥類はフクロウ、ミミズク、コノハズクという順で細かく分類されています。

羽角の役割は?

では、ミミズクやコノハズクの羽角はなぜついているのでしょうか。

現時点の考察では木に擬態するときに、羽角のシルエットを葉っぱに見せているのではないかとされています。しかし、羽角の役割についてはっきりした答えは研究途中で、まだ解明されていません。

ペットにできるフクロウの種類は?

次のページ:フクロウやミミズク・コノハズクについて知ってみよう

初回公開日:2022年09月01日

記載されている内容は2022年09月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related