Search

検索したいワードを入力してください

孔雀(クジャク)は本当に蛇を食べる?独特の生態や食性を解説

更新日:2022年09月22日

孔雀が本当に蛇を食べるのか興味があるという人はいませんか。この記事では、孔雀がどのような生き物なのかという基礎的な情報とともに、孔雀の食性や人間との関係性などを紹介しています。孔雀の生態について興味があるという人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

孔雀(クジャク)は本当に蛇を食べる?独特の生態や食性を解説
「孔雀ってどんな生き物?」
「孔雀が蛇を食べるっていうのは本当なの?」
このように、孔雀の食性をはじめとした独自の生態について興味を持っているという人もいるのではないでしょうか。

本記事では、孔雀がどのような生き物なのか、特徴や生態などの基礎的な知識とともに、人間との関係性や本当に蛇を食べるような食性を持っているのかどうかを解説します。

この記事を読むことで、孔雀についての基本的な知識を身につけることが可能です。その知識をもとに、本当に孔雀が蛇を食べるような食性を持っているのか、人間にとってどんな存在なのかを理解して、身近な存在として感じることができるでしょう。

孔雀の生態を知りたいという人は、ぜひこの記事をチェックしてみて下さい。

孔雀(クジャク)ってどんな鳥?

美しい色どりと華やかで大きな羽根が特徴の鳥として知られているのが、孔雀(クジャク)です。

ダイナミックでエキゾチックな雰囲気からその姿は印象に残りやすいものの、動物園でしか見たことがないという人も多いため、そもそも孔雀がどのような鳥なのかよくわからないという人も少なくありません。

そんな孔雀にはほかの鳥には見られないような独自の特徴や生態が見受けられており、意外と知られていない情報も数多くあります。ここからは、そんな孔雀がどのような鳥なのか、特徴や生態について解説します。

孔雀の特徴

孔雀の特徴は、その体の大きさとエキゾチックな飾り羽根の存在です。孔雀は大型の鳥類に分類されていて、体長はおよそ3メートルにもなります。また飾り羽根も1メートル前後の大きさがあり、目玉模様と緑や緑がかった青色など体色に似た美しい色合いが魅力です。

ちなみにオスとメスで特徴が異なっており、上記の特徴は主にオスにみられるものとなっています。メスの場合は地味な茶色の体色であることが多く、体長も1メートル未満とオスよりも小柄です。

また飾り羽根は一部の種類のオスのみが持っていて、1年中みられるわけではなく繁殖時期しか見られないところも特徴だと言えます。

孔雀の分布

孔雀はインドやスリランカ、パキスタンなどの南アジアを原産としている種類であり、野生の孔雀の分布としても中国から東南アジアが中心となっています。

例えば孔雀の種類の中でも代表的なインドクジャクの場合は、インドの国鳥としてインドに広く分布しています。インド以外ではスリランカやネパール、パキスタン、バングラデシュなどで野生の孔雀を見ることが可能です。

またキジ科最大の種類であるマクジャクは中国から東南アジア、コンゴクジャクはコンゴ民主共和国のみと、種類によって若干分布が異なります。

孔雀の生態

孔雀はキジ目キジ科に属している鳥類で、クジャク属のインドクジャク・マクジャクとコンゴクジャク属のコンゴクジャクに分類されています。

昼行性なので昼間に活動していて、夜間は地面ではなく木の上で寝る習性を持っています。ちなみに鳥類ではありますが、あまり上手に飛ぶことはできないようです。特徴的な飾り羽根は、オスのインドクジャクとマクジャクのみが持っています。

性格は実は攻撃的で、オス同士で喧嘩をすることも珍しくありません。主に嘴や脚の後方に生えている蹴爪を武器にして攻撃してくるため、安易に近づくことは危険だとされています。

孔雀の鳴き声

孔雀の鳴き声を聞いたことがないという人もいるのではないでしょうか。実は孔雀は繁殖期に多く鳴く傾向があり、普段はあまり鳴かないとされています。

ただ鳴き声はかなり大きく、遠くまで聞こえます。このため飼育する場合は場所を考えていないと、騒音問題で近所迷惑になってしまう点に注意が必要です。

そんな孔雀の鳴き声は「イヤーン、イヤーン」や「ニャオー」、「クエー」、「エーホー」など独特のうねりを持っているものが多く、バリエーションが豊富である点が特徴です。中には形容しがたい鳴き声もあります。

孔雀は本当に蛇を食べるの?

孔雀が蛇を食べるという話があるのですが、これは本当です。そもそも孔雀は雑食性なので動物でも植物でも何でも食べる傾向があり、動物を食べることで必要なたんぱく質を摂取していると考えられています。

その中でも蛇に関しては特別好物というわけではありませんが、小さいサイズの蛇を中心に食べているようです。中にはコブラなどの毒を持っている種類の蛇であっても食べてしまうことがあり、地域によっては蛇の殺し屋として名前が知られています。

ただこれはあくまでも野生の孔雀のみで、飼育されている孔雀は蛇を食べないことが多いとされているようです。

孔雀の食性

前述したように、孔雀の食性は雑食です。植物性のエサであれば植物の葉や果実、種子などを食べ、動物性のエサであれば昆虫や小型の爬虫類、両生類などを食べています。特に爬虫類や両生類は高たんぱくなエサとして、孔雀には欠かせない食べ物です。

特に地面に落ちているものを好んで食べる傾向があり、何でも食べてしまうことから農作物の被害を受けたり生態系に悪影響を与えてしまったりすることもあります。

飼育されている孔雀の場合は、市販の鳥や家禽用の飼料または孔雀専用に配合されたものを食べることが多いです。

出典:インドクジャク|国立研究開発法人国立環境研究所
参照:https://www.nies.go.jp/biodiversity/invasive/DB/detail/20400.html

孔雀は毒が効かない?

孔雀は毒蛇や毒を持つサソリを食べることがありますが、その際に毒に侵されるということはありません。これは孔雀が神経毒に対して耐性を持っていると考えられているためで、耐毒性によって毒蛇やサソリを食べても何の影響も受けないとされています。

しかし、この神経毒に耐性を持っているという点は学術的にはまだ認められていません。

そのため本当に神経毒に耐性があるのかどうかは明確ではないですが、毒を持つ蛇やサソリを食べても影響を受けていないことは事実です。
次のページ:孔雀の天敵は?

初回公開日:2022年09月22日

記載されている内容は2022年09月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related