Search

検索したいワードを入力してください

猫をブラッシング好きにさせる方法|上手に猫のブラッシングをするコツ

更新日:2020年09月20日

ブラッシングが嫌いな猫を、ブラッシングを好きにさせるには徐々にブラシに慣らして行かなければならないので根気がいります。ここでは、猫をブラッシング好きにする方法と上手に猫のブラッシングをするコツをご紹介しています。猫のブラッシングを知りたい方は来てみて下さい。

猫をブラッシング好きにさせる方法|上手に猫のブラッシングをするコツ

猫のブラッシングの必要性

猫をブラッシング好きにさせる方法|上手に猫のブラッシングをするコツ
猫のブラッシングは、とても大切な事です。猫と飼い主さんにとっては、大事なコミュニケーションツールでもあります。ここでは、猫のブラッシングが必要な理由を3つをご紹介します。

猫のブラッシングの必要性1:猫とのスキンシップになる

猫のブラッシングの必要性1つ目は、猫とのスキンシップになるという事です。猫は、親兄弟や仲の良い猫とグルーミングといってお互いをなめ合うスキンシップで、信頼関係を築いています。

飼い主さんが猫にするブラッシングは、仲の良い猫同士のグルーミングと同じ役割をしています。ブラッシングは飼い主さんと猫との信頼関係を築く大切なスキンシップです。

猫のブラッシングの必要性2:猫の健康状態を確認できる

猫のブラッシングの必要性2つ目は、猫の健康状態を確認できるという事です。

飼い主さんが猫の体をブラッシングしながら触る事で、蚤やダニが付いていないかなどの確認ができます。

また、ブラッシングをする事で猫のストレスを軽減させてあげる事ができます。

猫のブラッシングの必要性3:猫が抜け毛や毛玉を飲み込むのを防止する

猫のブラッシングの必要性3つ目は、猫が抜け毛や毛玉を飲み込むのを防止するという事です。

猫のブラッシングを怠ると、換毛期にたくさん抜けた被毛を猫がグルーミングでなめとって体に取り込んでしまいます。

猫の毛玉の吐き出しの原因になったり、上手く吐き出せずに消化器に毛玉が滞ってしまう恐れもあり、非常に危険です。

飲み込んだ被毛によるトラブル予防のためにもブラッシングは必要です。

猫のブラッシングの注意点

猫にとって大切なブラッシングですが、猫のブラッシングの際に注意しなければならない点があります。

猫がブラッシング嫌いになってしまわないようにするには、どういったところに気をつければ良いのかをご説明します。

猫のブラッシングの注意点

  • 力を入れてブラッシングしない
  • 猫が嫌がったらやめる
  • ブラッシングをやり過ぎない

猫のブラッシングの注意点1:短毛種の猫のブラッシングは週に2~3回

猫のブラッシングの注意点1つめは、短毛種の猫のブラッシングは週に2~3回にしておくという事です。

短毛種は、長毛種と比べると毛が絡まって体に毛玉が出来てしまうという事はありませんので、換毛期を除いて週に2~3回くらいを目安にブラッシングしてあげましょう。

毎日ブラッシングしてしまうと猫の体の一部が禿てしまう事があるので、毎日はやめておいた方が無難です。

猫のブラッシングの注意点2:長毛種の猫のブラッシングは毎日

猫のブラッシングの注意点2つ目は、長毛種の猫のブラッシングは毎日するという事です。

長毛種は、先程も触れましたが毎日ブラッシングをしてあげないと毛が絡まって猫の体が毛玉だらけになってしまいます。

美しい毛並みを保つためにも、長毛種の猫には毎日ブラッシングをしてあげましょう。その際には力の入れすぎに注意しましょう。

猫のブラッシングの注意点3:長毛種の猫は毛の絡まりに対してトリミングも必要

猫のブラッシングの注意点3つ目は、長毛種の猫は毛の絡まりに対してトリミングも必要という事です。

ブラッシングは猫の毛をブラシでときながら毛をすいてあげる事をいいますが、トリミングは長毛種の猫の毛をカットしてあげる事をいいます。

長毛種の猫の毛が絡まってしまうとブラシやコームなどでといてもほぐれない時があります。そんな時は、トリマーのいるペットサロンなどでカットしてもらう必要があります。

猫をブラッシング好きにさせる方法

猫とのコミュニケーションや皮膚の異常の早期発見のためにも、猫をブラッシング好きになるようにしていった方が良いです。

とはいえ、どうしても好きになってくれない場合は、なでるぐらいにして無理強いはしないようにしましょう。

猫にブラッシングを好きにさせる方法

  • ブラッシングの前に毛の絡まりや異物などを触って確認
  • 毛並みに沿ってブラッシング
  • 骨が出ている部分にブラシを当てない

猫をブラッシング好きにさせる方法1:ブラッシングの前に毛の絡まりや異物などを触って確認

猫をブラッシング好きにさせる方法1つ目は、ブラッシングの前に毛の絡まりや遺物などを触って確認をするという事です。

軽い絡まりなら指でほぐしてあげる事ができますし、毛についた異物を取り除いてあげたうえでブラッシングすれば猫が違和感を感じる事無くスムーズに行う事ができます。

猫をブラッシング好きにさせる方法2:毛並みに沿ってブラッシング

猫をブラッシング好きにさせる方法2つ目は、毛並みに沿ってブラッシングするという事です。

毛並みに沿ってブラッシングする事で、猫に不快感を与える事なくブラッシングをする事ができます。

毛並みにさからってブラッシングをすると無理な方向に引っ張って痛みを感じたり、猫が不快感を感じてしまう原因になります。

猫をブラッシング好きにさせる方法3:頭や耳の後ろなど猫が触られるのが好きな部位から始める

猫をブラッシング好きにさせる方法3つ目は、頭や耳の後ろなど猫が触られるのが好きな部位から始めるという事です。

ブラシを見ただけで逃げてしまうような場合は、全身にブラッシングする事は諦めてまずはブラシに慣れるところから始めて行きましょう。

猫は、顎の下や頭、耳の後ろを触られるのが好きなのでブラシで軽く撫でるようにして慣らして行きましょう。

猫をブラッシング好きにさせる方法4:骨が出ている部分にブラシを当てない

猫をブラッシング好きにさせる方法4つ目は、骨が出ている部分にブラシを当てないという事です。骨の出ている部分にブラシが当たってしまうと猫は痛みを感じます。

痛みを感じてしまうと、ブラッシングが嫌いになってしまうので骨の出ているところはブラシを当てないように注意しながらブラッシングを行うようにしましょう。

ブラシを嫌がる猫のブラッシング方法

ブラシを見ただけで逃げ出してしまうほどブラシを嫌がる猫のブラッシング方法をご紹介します。

猫が1度嫌ってしまうと好きになってもらうのは大変ですが、ブラッシングができるように頑張りましょう。

ブラシを嫌がる猫のブラシング方法

  • 優しく声をかけながらブラッシング
  • グローブ型ペットブラシでなでるようにブラッシング
  • 手のひらに収まるぐらいのラバーブラシでブラッシング

ブラシを嫌がる猫のブラッシング方法1:お昼寝や猫からすり寄ってくる機嫌が良い時を狙う

ブラシを嫌がる猫のブラッシング方法1つ目は、お昼寝や猫からすり寄ってくる機嫌がいい時を狙うという事です。

どうしてもブラッシングさせてくれない猫の場合は、お昼寝中を狙って猫が触られるのが好きな首回りや耳の後ろをそっとブラッシングしてあげましょう。

スリスリと飼い主さんに寄ってきてご機嫌な所をブラシで軽く気持ち良いと猫が感じている顎の下や首回り、耳の後ろなどをブラッシングしてあげましょう。

ブラシを嫌がる猫のブラッシング方法2:手でマッサージしながら軽く一回でもブラシやコームでなでる

ブラシを嫌がる猫のブラッシング方法2つ目は、手でマッサージしながら軽く一回でもブラシやコームでなでるという事です。

猫が体を触れられても嫌がらないように、手でマッサージをしてまずは触られる事に慣れさせていきましょう。

マッサージに慣れたところで、マッサージをしながらブラシまたはコームで猫の体をなでるようにしましょう。

少しずつブラシ、またはコームに慣れさせて、ブラッシングを好きになってもらいましょう。

ブラシを嫌がる猫のブラッシング方法3:ブラッシングを手早く済ませる

ブラシを嫌がる猫のブラッシング方法の3つ目は、ブラッシングを手早く済ませるという事です。

猫のブラッシングにかける時間は、3分位を目安に手早く済ませるのが猫にブラッシングを好きにさせるコツです。

長く時間をかけてブラッシングしてしまうと、猫がブラッシング嫌いになってしまう可能性があるので短い時間で手早く済ますようにしましょう。

ブラッシング嫌いな猫向けのブラシ

ブラッシング嫌いな猫をブラッシング好きにするには根気がいるというのがお分かりになったと思います。

ブラッシング好きな猫を目指して、ブラッシング嫌いな猫に向けたブラシをご紹介します。

ブラッシング嫌いな猫向けのブラシ1:Pecuteペット用ブラシ

ブラッシング嫌いな猫向けのブラシ1つめは、Pecuteペット用ブラシです。

Pecuteペット用ブラシは、マッサージブラシとして抜け毛を取るブラシとしても使える裏表に違うタイプのブラシが付いている猫がブラッシングを好きになるペット用ブラシです。

ゴムのブラシでマッサージしながら抜け毛をキャッチしてシャンプーブラシとしても使えます。天然豚毛面では、ホコリを取り除き被毛をツヤツヤにします。

ブラッシング嫌いな猫向けのブラシ2:猫ブラシグローブ

ブラッシング嫌いな猫向けのブラシ2つ目は、猫ブラシグローブです。

ブラシといっても、手袋のように手にはめて猫をなでるだけで抜け毛が取れるので、猫にも負担がかからず猫がブラッシング好きになる猫ブラシグローブです。

大好きな飼い主さんになでられながらブラッシングができるので猫とのコミュニケーションにも向いています。なでる時には、力を入れないように気を付けましょう。

ブラッシング嫌いな猫向けのブラシ3:ペット ブラシ ペット用ブラシ

ブラッシング嫌いな猫向けのブラシ3つ目は、ペットブラシペット用ブラシです。

Seengo猫ブラシは、握り心地の良いペットブラシです。ブラシで絡みとった被毛は、プッシュボタンを押すと、キレイにブラシから取り除く事ができます。

ブラシの先端はペットの皮膚を傷つけないように円形になっていて、猫の血行を良くするマッサージ効果があります。猫がブラッシングが好きになるペットブラシです。

愛猫をブラッシング好きにさせるには根気が必要!

猫をブラッシング好きにさせるのは、根気がいりますがブラッシング好きになった猫とコミュニケーションが取れるととても楽しく猫に対する愛情が倍増します。

猫をブラッシング好きにさせるには、子猫の時からブラシに慣れさせてブラッシングをスムーズに行えるようにしていきましょう。

ブラッシングを好きになった猫が、再び嫌いにならないように力を入れずに短時間で手早くブラッシングを行う事を忘れないように注意しましょう。

初回公開日:2019年08月28日

記載されている内容は2019年08月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related