Search

検索したいワードを入力してください

猫のケージレイアウト方法とは?押さえるべきポイントをご紹介

更新日:2020年09月20日

猫のためのレイアウトを紹介します。猫がリラックスさせるために、猫に合わせたケージ作りをしましょう。ケージは家で飼ってる人はケージを使ってない人もいます。しかしケージのレイアウトは猫のしつけにも役立ちます。ケージを自分のテリトリーにさせてリラックスさせましょう。

猫のケージレイアウト方法とは?押さえるべきポイントをご紹介

猫のケージのレイアウト

猫のケージは最初から使っていると慣れてきます。そしてケージでエサやトイレや寝床にして使うと慣れて、当たり前になると買い物に行く時などはケージに入れてお留守番をさせることができます。

そして一泊くらいなら大丈夫でしょう。猫ケージは3階建てのような広い物があるので簡単なレイアウトを紹介します。

猫のケージのレイアウト1:トイレの確保

猫用ケージにトイレは必要です。そして猫ケージ用トイレは下の一段目に置いてあげます。なぜなら上に置くと猫はトイレの後に砂をかけるときに下に砂が飛び散るので掃除が面倒になります。

そして猫がトイレをした後はすぐに綺麗に掃除をした方が良いですし、そして猫はトイレが綺麗じゃないとそこのトイレではしてくれません。

猫用ケージが安心するテリトリーになるようにしてあげることです。

猫のケージのレイアウト2:寝床の確保

キャットケージのレイアウトで寝床は必要です。猫は天敵に狙われているという事を本能的に考えているので見晴らしの良いところに寝床を確保してあげて下さい。

なので猫用のゲージで寝床を作るにはケージの一番上が良いでしょう。高い場所が猫は好きなので落ち着いて寝てくれます。最近はキャットタワーのように3段ケージが多くなっています。

猫のケージのレイアウト3:エサと水の置き場

猫ゲージ内には水も設置しないといけません。飲み水の設置のレイアウトはトイレから離れたところに設置してください。

そして飼い主が外出するときに役立つ自動給水器を設置するのも良いでしょう。そしてケージ内にはキャットフードも準備して水とフードをセットで置いてください。

ケージのレイアウトではトイレから離れた一番下か、2段目くらいフードと水を置いてあげると良いでしょう。

猫のケージのレイアウト4:爪研ぎ

猫 ゲージ内には爪研ぎも設置しましょう。爪研ぎはケージの外にもありますが、爪研ぎは猫のストレス発散になるので猫の居場所には置いて下さい。

レイアウトとしてはケージの一番下に置いてあげると良いでしょう。爪研ぎは段ボールなので散らかっても一番下なら掃除が簡単です。

そしてストレス発散するならおもちゃを設置しても良いでしょう。ケージ内に余裕があるなら一番上にぶら下げて揺れるおもちゃを設置すると喜びます。
必要な物理由
トイレ用品トイレトレー、猫砂、シート、スコップなどが必要
キャットフード猫の年齢に合わせたフード
おやつ必ず必要ではないけど食事をしない時にあげる
食器フード用と水飲み用
ベッド必要です
爪とぎ必要です
おもちゃストレス解消やコミュニケーションで必要
お手入れ用品爪切りやブラシは必要
キャリーバック外出するときに。子猫のうちはベッド代わりに使用するとキャリーバックが嫌いにならない
首輪室内飼いでも抜け出したときに連絡先付き首輪が必要かも
病院予防接種や去勢など

猫のケージを選ぶときの注意点

猫のイメージは自由奔放で気分屋なイメージがあります。なので長時間ケージの中にいると運動不足やストレスに繋がります。

しかしメリットもあり、病気になったときの対処法や急な外出など突然のできごとや事故の防止にも繋がります。そして今は上下運動な段があるケージが多くあります。

ケージを置いて猫のゲージ飼いは身を守り、縄張りやケージ内でしつけやお留守番ができるようになると良いです。

猫のケージを選ぶときの注意点

  • 大きめのケージを購入するか成長に合わせるか
  • 音がしないケージを選ぶためにプラスティック製か
  • 逃走させないように猫が開けられない鍵タイプを選ぶ

ケージを選ぶときの注意点1:大きめのケージを購入する

選ぶポイントは猫の数や成長過程を想定して選ぶのがいいです。ずっと使い続けたい方は組み立て自由なタイプ。子猫用ケージや成猫用ケージに分けて買うのか迷います。

子猫の場合は落下事故が多いので滑り止め機能が付いたものや、段差が少ない物を選びましょう。成猫の場合は運動不足にならないように上下運動ができる2,3段の物を選びましょう。

大きいケージなら仕事に出かけるときなどは良いです。ただ長くケージに入れてた時は多く遊んであげましょう。

ケージを選ぶときの注意点2:音がしないケージを選ぶ

音に敏感な猫もいます。そんなネコにはプラスティック製だと音が響き難いです。そして丸ごと洗えるのでいつも清潔にできます。

そして錆びる心配もありません。そしてケージ内で猫が動き回っても音が響き難いです。なのでストレスなく遊べます。そして今は種類も多くあるのでプラスティック製を選んでみてはどうでしょうか。

ケージを選ぶときの注意点3:猫が開けられない鍵タイプを選ぶ

猫は頭が良いので家の中のドアを開けられたり、そして脱走したりするので、鍵タイプは便利です。急な外出でケージに入れておいても脱走して家の中で運動会をする子もいます。

そしてケージは猫の檻ってわけではなく、自分のテリトリーにさせる必要があります。食事やトイレ、そして寝床として自分から入るようにしてあげることです。

猫には予防接種や手術など必要な事があるのでそんな時に激しく遊び回る事が無いようにケージに入れます。

猫ケージをレイアウトする方法

猫が住みやすい部屋は猫に合わせたレイアウトの部屋作りで、ネコの独特な習慣や行動に合わせることが大切です。

そして噛み癖のあるネコ噛んでいると剥げた塗料を食べてしまうこともあるので材質も気にした方が良いでしょう。

そして猫が大きくなるとケージの中をジャンプするので棚の強度を心配する必要があります。成猫になれば5~6kgになり、ジャンプした棚が壊れて怪我をした、というケースもあります。

部屋は広い方が良いですが狭くてもレイアウト次第で猫にとって素敵な空間になります。

猫ケージをレイアウトする方法

  • 束縛が嫌いなので部屋を自由に行き来するようにする
  • 清潔なレイアウトにする
  • ほどほどの日当たりが良い場所に置く
  • 高いところに行き来できるようにするのが理想
  • 隠れられる場所を作るのが必要なこと

猫のケージをレイアウトする方法1:部屋を自由に行き来するようにする

猫は好奇心旺盛で束縛が嫌いな猫です。そして閉じ込められたと感じることはストレスになります。ケージを買ってきて最初は猫をいきなり入れるのではなく、ドアを開けて猫に調べさせてあげましょう。

そしてエサと水をケージに入れて普段から食べさせるように習慣にさせます。家に人がいるときは必ずケージのドアを開けて放置して、猫が自然に出てくるようにします。

訓練は5~10分出かけるときにケージに入れて外出したり、寝る時もケージを使いましょう。

猫のケージをレイアウトする方法2:清潔なレイアウトにする

猫は綺麗好きなので清潔なレイアウトができるなら理想です。そして飼い主さんもこまめに掃除をしましょう、特にトイレはした方がいいです。

ケージのレイアウトで清潔な場所になるように努力しましょう。猫は汚いところは嫌いですし、ケージに寄り付かないので、ゲージでの猫の飼い方がダメになります。ネコにリラックスできるようにレイアウトをしましょう。

猫のケージをレイアウトする方法3:日当たりが良い場所

ケージの置き場所は明るい部屋で外の風景を見たり感じたりするのが好きです。外が見れるのはある程度は退屈せずに過ごして刺激にもなります。

冬は日が当って暖かくて気持ちいいですが、窓際に設置するときはケージ内で陽が当たる場所と日陰の場所があると、夏だと暑くなって逃げられる場所がないとダメです。

レイアウトでケージ半分は陽よけを置いたり、他の場所に置いたり工夫してください。なのでケージを置く場所は難しいです。

猫のケージをレイアウトする方法4:高いところに行き来できるようにする

猫はジャンプ力やバランスに優れて上下運動など立体的に空間を使って生活してます。高いところは安心できて遊び場として運動不足を解消してます。

キャットタワーを並べたりケージの高いものを置いたレイアウトにしましょう。そして高い場所にベットを置けば猫にとってリラックスできる場所になります。

そしてハンモックや爪研ぎなどを組み合わせれば遊び場になります。ただ高い場所といっても手が届く範囲にしましょう。

猫のケージをレイアウトする方法5:隠れられる場所を作る

そして猫は狭い場所に隠れて休む習性があります。これは敵から身を守るため、家の中にも隠れる場所を用意してあげましょう。

段ボールを積み重ねて作っても良いですし、ベットの下や押入れやソファの下など、ネコが入ってリラックスしてる所を見たことがあるでしょう。そんな場所を数か所作ってあげると喜んでくれます。
そして猫が多い場合は猫同士のケンカしたときに逃げ場所になり、ストレスを回避するにも必要です。レイアウトで工夫しましょう。

猫ゲージのレイアウト商品5選

猫のケージは数多くあるので迷ってしまいます。そんな人のために商品を紹介します。メーカーもアイリスオーヤマなど多くあります。レイアウトで猫に快適な空間をあげましょう。

最近はおしゃれなデザインの物も多くあり、インテリアとしても部屋に置いても違和感ない物も多くあります。

猫ゲージのレイアウト商品1:<スリム キャットケージ 2段>

アイリスオーヤマのケージはの商品で、2段ですが高さがあり飛んだり跳ねたりできます。そしてスリムなので置き場所も選べて、転倒防止も付いてるところが良いです。

コンパクトですが大きい扉なのでトイレや掃除も簡単にできるので、世話がしやすいです。そして棚の位置を下げたら子猫でも大丈夫なので位置を変えながら使うと長く使用できます。

猫ゲージのレイアウト商品2:<アイリスオーヤマ ペットケージ 3段 ブラウン >

室内飼いの猫に高さのあるケージで上下運動ができるのは凄く良いです。そして移動もキャスター付きなので簡単にできます。そして全ての段に扉がついているので猫や物の出し入れが簡単です。

猫用ケージ大型なので外出しても上下運動もできるので仕事などで外出する時に運動できる大きさはいいです。ケージのレイアウトも色々できます。

猫ゲージのレイアウト商品3:<アイリスオーヤマ ペットケージ 2段 >

室内飼いの猫の飼育で上下運動もできるケージです。そして子猫でも上がれるようになります。トイレなどの掃除も簡単ですし、移動もキャスター付きで簡単です。

それに折りたたみ式な所も良いです、使わない時は押入れに入れられます。猫は小さいと良いですが大型猫だと小さいです。そして猫のケージ値段は1万円くらいで平均的な価格です。

猫ゲージのレイアウト商品4:<キャットランドケージ ワイド 3段>

大型ケージで広くワイドでひろびろと快適に過ごせます。4枚の棚で好みの高さに調節が可能です。なので成長に合わせて変えられます。そして爪とぎポールも付いてるのでストレス解消もなります。

そしてケージとキャットタワーの楽しさを2つの良いところを合わせた物です。そしてハンモックでくつろげるのでお昼寝もできます。値段も高いですが広いのでレイアウトも色々できます。

猫ゲージのレイアウト商品5:<アイリスオーヤマ スリムキャットケージ 3段>

猫の飼育に適した高さのある3段ですが、スリムでコンパクトなタイプです。そして大きめの丈夫な4枚の棚で転倒防止も付いてます。

奥行きがないですが高さがあり、場所をとらず、子猫には高さがあるので怖いが、大きくなると楽しんでくれるでしょう。

高さがあるので落ちると怖いですが大きくなると大丈夫です。高いのでレイアウトもしやすいです。

猫のゲージをレイアウトしてみよう。

好きな物に囲まれた部屋、趣味を入れた部屋は誰でも居心地が良いです。それは人間でもネコでも同じです。そして猫に合わせたレイアウトは大事なことです。

そして猫の病気で休ませるためや他の猫に病気を移さないため、急に来客が来たときのためや夜寝かせるため、外出する時のために必要です。

ケージは人のためではなく、猫のためでもあります。猫のためにレイアウトして猫が楽しく暮らせるようにしましょう。

初回公開日:2019年08月30日

記載されている内容は2019年08月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related