Search

検索したいワードを入力してください

猫が嫌いな植物10選|猫よけに匂いや育てやすさを解説!

更新日:2020年09月21日

自宅の庭にせっかく植えた野菜や花、木々など野良猫によって引っかかれたり、土を掘り返されたり、おしっこやウンチをされたことはないでしょうか。野良猫たちから庭を守るには猫が嫌いな植物を植えるのが一番です。猫が嫌いな植物10選を詳しくご紹介します。

猫が嫌いな植物10選|猫よけに匂いや育てやすさを解説!

猫が嫌いな植物を植える意味とは?

自宅の庭に家庭菜園や花壇などを作って楽しんでいる方で猫に植物を荒らされてしまったり、糞尿の被害を受けたことがある人は多いことでしょう。

猫による庭の被害を防ぐためには庭に猫が嫌いな植物を植え、猫の接近を防ぐことが必要です。

庭などを荒らされてしまう

犬と違い法的な放し飼い制度がない猫は狭い隙間を縫って、時には塀を伝って庭に侵入してきます。

庭では土を掘り返したり、植木を倒したりとせっかく植えた植物や綺麗に手入れした庭を台なしにしてしまうこともあり、庭を持っている人にとってはとても厄介な存在です。

庭に猫が嫌いな植物を植えることによって野良猫の侵入を防ぐことができます。

排泄場所にされてしまう

猫の被害は庭を荒らされるだけではありません。一度猫が排泄をした場所は繰り返し猫が通ってきて排泄場所となってしまいます。

猫は排泄したあとに自分の排せつ物を隠そうとする習性がありますから、排泄場所になった周辺もまた土や砂利が掘り返されることになります。

猫が嫌いな植物を植えることは、猫の糞尿被害も防ぐ効果があります。

猫が嫌いな植物の選び方

庭を猫に荒らされないようにする方法のひとつに猫が嫌いな植物を植えるという方法があります。

猫が嫌いな植物は匂いのきつい植物です。猫にとってはきつい匂いでも人間にとっては良い香りと感じる植物もあります。

育てやすさや植えるスペースなどを考慮して植物を植えれば、猫被害を避けながら素敵な庭が実現できます。

匂いで選ぶ

猫は匂いのきついハーブのような植物を嫌います。また、ハーブ以外でもきつい匂いの植物はたくさんあるので、そのような植物の中から自分好みの花の咲く植物を植えるのもです。

自分の好きな匂いの植物を植えれば、猫を避けながら風に運ばれる良い香りを楽しむことができます。

育てやすさで選ぶ

猫が嫌いな植物を育てやすさを基準に選ぶのもです。あくまで猫除けと割り切って、好みの植物ではなく、手間をかけなくても勝手に育ってくれる植物を選びます。

猫除けの植物に手間をかけない分、その他の植物や野菜などに手をかけることができます。

スペースで選ぶ

猫が嫌いな植物を庭のスペースを考慮して選ぶ方法もあります。植物によっては放っておいてもどんどん広がっていく強いものあれば、狭いスペースでこじんまりと生長し、花をつける植物もあります。

どれくらいのスペースに猫が嫌いな植物を植えるのかを考えて植物を選ぶのも、ひとつの方法です。

実用性で選ぶ

猫が嫌いな植物の中には実際にキッチンで使えるような実用的なものもあります。

例えば紫蘇やハーブがその代表的な存在ですが、生け花や切り花を楽しむ方は花材に適した植物を植えるのも実用的です。

実用性のある植物を植えれば猫も寄せ付けず、食事の中に取り入れて楽しむこともできるので一石二鳥です。
次のページ:野良猫を撃退!猫が嫌いな植物12選

初回公開日:2019年08月16日

記載されている内容は2019年08月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related