Search

検索したいワードを入力してください

トイプードルのお散歩基本ルール!散歩の方法や困った時の対処法

更新日:2022年09月06日

トイプードルとお散歩に行く際には、どのようなことに気を付ければよいのでしょうか?この記事ではトイプードルをお散歩デビューさせる際の注意点や、お散歩に慣らしていくための方法について解説しています。愛犬の心と体の健康のために、毎日楽しくお散歩させましょう!

トイプードルのお散歩基本ルール!散歩の方法や困った時の対処法

トイプードルのお散歩の必要性

トイプードルは完全室内飼育をされることの多い小型犬ですが、それでも毎日のお散歩は不可欠です。

ここからはなぜトイプードルを毎日お散歩に連れて行く必要があるのか、その理由や意義について確認しておきましょう。

トイプードルのお散歩の必要性1:健康な体を作る

トイプードルをお散歩に連れて行く必要性としてまず知っておきたいのが、健康な体を作るためということです。

毎日散歩をすることでトイプードルは健康な体を手に入れることができます。

室内だけだと、どんなにおもちゃを使って遊んでも散歩ほどの運動量をこなすことは難しいため、愛するトイプードルの健康と長生きのためにも、毎日お散歩に連れていく必要があるでしょう。

トイプードルのお散歩の必要性2:ストレスを解消できる

ストレスを解消できるというのも、トイプードルのお散歩の必要性のひとつとして挙げられるでしょう。

トイプードルをはじめとする犬にとって、お散歩は運動不足を解消するのと同時に、ストレスを発散し体だけでなく心の健康を保つために欠かすことができないものです。

私たち人間も狭い部屋のなかに閉じ込められっぱなしだと息が詰まってしまいますが、外に出ることでリフレッシュすることができます。

トイプードルも同様であり、外の空気を吸い草花や他の犬などの匂いを嗅ぎ、地面を歩くことでストレスを発散させることができるでしょう。

トイプードルのお散歩の必要性3:飼い主とのコミュニケーション

トイプードルをお散歩に連れて行く必要性のひとつとしてご紹介したいのが、飼い主さんとのコミュニケーションを取ることができるという点です。

毎日お散歩に連れていくことで愛犬と心を通わせ、絆を深めることができます。愛犬が飼い主さんの歩調に合わせて歩くようにしつけをすることで、飼い主さんと愛犬との間で適切なコミュニケーションを取ることができるでしょう。

トイプードルともっと心の距離を縮めるためにも、ぜひ毎日お散歩に連れて行ってあげましょう。

トイプードルのお散歩の注意点

トイプードルのお散歩を安全かつ快適に行うためには、どのような点に注意すればよいのでしょうか?

ここからは、トイプードルをお散歩させる際に注意したいポイントをご紹介していきますので、ぜひお散歩デビュー前にご参考ください。

トイプードルのお散歩の注意点

  • お散歩デビューの年齢:本格的なお散歩は生後4~5ヵ月から
  • 他の犬に出会ったら?:リードを短く持ってトラブルに備える
  • 真夏のお散歩は?:早朝か深夜の涼しい時間帯に
  • 他人と触れ合う時の注意点は?:トラブル防止のためリードを短く持つ

トイプードルのお散歩の注意点1:お散歩デビューの年齢は?

トイプードルをお散歩させる際の注意点としてまずご紹介したいのが、お散歩デビューの年齢をきちんと見定めるということです。

免疫力がついていない赤ちゃんの段階でお散歩に連れて行ってしまうと、大切なトイプードルが病気にかかりやすい状態を作ってしまうことになりかねません。

抱っこをする形で軽く外をお散歩する程度ならば生後3週間ほどでもOKですが、地面を直接歩かせるお散歩をするためには、ワクチン接種が済んで免疫力がついた生後4~5ヵ月ほどが理想的です。

トイプードルのお散歩の注意点2:他の犬に出会ったら?

早い段階で親犬や兄弟・姉妹犬と引き離されたトイプードルは、十分に社会性を身につけることができていません。

お散歩にまだ慣れていない段階で他の犬とすれ違ったならば、交流を避ける必要は必ずしもありません。

吠えたり噛みついて喧嘩に発展してしまわないように、念のためリードを短く持って、何かあればすぐにリードを引っ張り犬を自分のもとに確保できる状態を作っておきましょう。

お散歩に慣れてある程度外の世界に免疫がつき、社会性が身についたならば少しずつ他の犬との交流を増やしていくとよいでしょう。

トイプードルのお散歩の注意点3:真夏のお散歩は要注意!

トイプードルをお散歩させる際に注意すべきポイントのひとつとして、真夏のお散歩時には細心の注意を払うことが大切です。

真夏にはアスファルトは50度以上の高熱になり、少し歩かせただけでも危険な目に合わせてしまう可能性が高いからです。

日が完全に昇ってアスファルトが熱くなる前の早朝や、アスファルトの熱が完全に冷えた深夜などにお散歩を行くことが必要です。

また、対策になるクールタイプの服を着せたり、こまめに水分補給をさせることも大切でしょう。

トイプードルのお散歩の注意点4:他人と触れ合う時に気をつけること

次のページ:トイプードルのお散歩方法

初回公開日:2019年08月26日

記載されている内容は2019年08月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related