Search

検索したいワードを入力してください

【オス/メス別】トイプードルの性格の特徴・性格別のしつけ方

更新日:2020年09月17日

不動の犬種第一位のトイプードルは、性格が明るく活発で賢い犬種です。そんなトイプードルの、オスメス別の性格や、毛色別の性格、子犬や去勢後の性格の変化について紹介していきます。トイプードルが好きな人、飼いたい人、すでに飼っている方もぜひ読んで下さい。

【オス/メス別】トイプードルの性格の特徴・性格別のしつけ方

オス・メス別トイプードルはどんな性格なの?

トイプードルは、の犬種では、ここ数年ずっと1位を取り続けています。街中で見かけることもおおい犬種ではないでしょうか。そんなトイプードルが、どんな性格をしているのかを見て行きましょう。

トイプードルは甘えん坊

トイプードルの性格は、賢く活発でフレンドリー、そして何より甘えん坊です。飼い主や家族に対しても、従順な性格をしています。見た目の可愛さと、頭の良さや従順さからくるしつけやすさ、体臭もほとんどなく、毛が抜けにくく飼いやすいことが、トイプードルのに繋がっています。

甘えん坊だからと、つい甘やかしすぎてしまうと、わがままになってしまい、困った行動をするようになってしまいます。わざといたずらをしたり、無駄ぼえをするようになってしまいます。本来は賢い犬種ですので、甘えん坊の可愛さに負けず、しっかりしつけを行いましょう。

オス

トイプードルのオスの性格は、メスに比べて、べったりと甘えん坊です。トイプードル自体の性格がオスもメスも、甘えん坊なのですが、特にオスは甘えん坊です。大人になってもやんちゃで甘えん坊のままですし、依存心が強く、家族や飼い主にべったりと甘えてきます。

また、活発でいたずら好きな性格ですから、遊ぶことが大好きです。かまってちゃんな部分はありますが、ペットの犬と、べったりとした甘い関係を築きたい人には、トイプードルのオスはおススメです。

メス

トイプードルのメスの性格は、穏やかで優しいです。甘えん坊ではありますが、オスほどではなく、大人になると、独立心が芽生えてくることもあります。そのため、甘えてはきますが、意外とドライで、ベタベタしすぎることはありません。自分が得をするような甘え方をちゃんと心得ています。飼い主や家族のことを観察しながら甘えます。その分、ずるがしこさも兼ね備えています。

しかし、相手の心を読むのが上手なので、家族や飼い主の気持ちに寄り添ってくれます。トイプードルのメスは癒し上手なのです。

毛色別トイプードルの性格の特徴は?

トイプードルは、毛色によっても性格が異なると言われています。それでは、毛色別のトイプードルの性格を紹介します。

レッド

のあるトイプードルの中でも、のあるのがレッドです。テディベアカットで大になりました。そんなレッドのトイプードルの性格は、人になつきやすく、穏やかな性格です。

しかし、他の毛色のトイプードルよりも、協調性がなかったり、飼い主への服従心が薄かったりします。好き嫌いがはっきりしており、我が強いので自己主張が強い面もあるでしょう。時には、飼い主や家族に反抗することもあります。

ただ、基本的ぬは、明るく元気な性格も兼ね備えているので、飼いやすいです。アプリコットよりもレッドの方が活発であると言われています。

アプリコット

レッド同様、アプリコットもの色です。そんなアプリコットのトイプードルの性格は、レッド同様、明るく活発で人懐っこいので、やはり飼いやすいと言えるでしょう。しかし、繊細で、神経質な面が強いこともあります。怖がりで、他の犬となじめないこともあり、多頭飼いには向かない場合があります。そのため、無駄吠えをしてしまう傾向もあります。

アプリコットやレッドは、歴史がまだ浅いため、性格に関しても、毛色の発色の特徴に関しても、まだまだ個体差も大きいと言われています。

黒のトイプードルの性格は、すべての毛色の中で、一番落ち着いており、服従心も強く、そして一番頭がいいと言われています。ですから、しつけもしやすいでしょう。

じつはプードルは元は、色の種類がブラックとホワイトしかありませんでした。特にブラックは、安定した性格と、高い運動能力を兼ね備えています。骨太で、身体が強いとも言われています。ずっと飼い主や家族にべったりというわけではなく、独立心もあるので、人から離れて自分の時間を過ごすことも出来ます。

トイプードルの中では一番飼いやすい性格をしています。

カフェオレ

ブラウンをさらに薄くしたカフェオレのトイプードルの性格は、マイペースで大変陽気です。独立心が旺盛な反面、協調性に欠ける部分もあります。そのため、根気よくしつけを行わなければなりませんが、飼い主や家族には従順なため、子供のころからきちんとしたしつけを行えば、問題行動は抑えることが出来ます。

トイプードルの子犬はどんな性格なの?

トイプードルの性格は、毛色によって多少違いはあるものの、基本的には賢く、甘えん坊でフレンドリーです。そして、従順なため、飼い主や家族の言うことをよく聞きます。しかし、とにかく甘えん坊なので、子犬の時期、とりわけ反抗期には手を焼いてしまう飼い主さんも少なくありません。

トイプードルの反抗期は生後4ヶ月から6ヶ月くらいで顕著に現れます。反抗期のトイプードルは、落ち着きがなくなったり、飼い主にも唸ったり吼えたり、とにかくわがままを試してみたりします。

そんなときは、甘やかさずに毅然としつけをしてあげましょう。家族との位置関係も理解し、しっかりとした主従関係が結べます。生後1年をすぎると、もうすっかり大人になり、落ち着いたりのんびりしたりしてきます。

トイプードルとシーズのミックス犬はどんな性格なの?

トイプードルとシーズのミックス犬は「シープー」と呼ばれています。賢く活発なトイプードルと、遊び好きで穏やかな性格のシーズーが混じり合うので、頭が良く、元気で、遊び好きな性格になることが多いです。家族の膝の上や、座っている横でおとなしくくつろぐことが出来る、穏やかな性格になります。

トイプードルは、感性が豊かな反面、神経質な部分もあり、警戒心から無駄吠えをしてしまうことも有りますが、シーズーの穏やかな性格が混じることで、性格もマイルドになります。

トイプードルは去勢後に性格が変わる?

多くの犬は、去勢手術をするとホルモンバランスが変化することで、性格が変わることがあります。トイプードルも例外ではありません。具体的には、去勢後は落ち着いたおとなしい性格になることが多いでしょう。それから、甘えん坊な部分が強くなります。縄張り意識がなくなるため、攻撃性も減ります。

それから、去手術をすると、食欲が増して食いしん坊になることもあります。去勢後は、肥満に注意が必要です。ただし、必ずしも、性格が変化するというわけではありません。去勢手術をする時期や個体差によっては、まったく変化がない場合もあります。

トイプードルの性格のしつけ方は?

トイプードルは賢いため、しつけがしやすい犬種と言われています。すぐに飼い主の指示を覚えることができるため、噛み癖や無駄吠え、トイレのしつけもしやすいですし、おすわりやお手などの芸も、短期間で覚えることが可能です。根気よく反復練習をしないといけないことはないでしょう。

ボールで遊ぶのに、投げると持ってこさせるルールなども理解できるので、遊びながら主従関係が築けます。トイプードルのしつけにおいて、この主従関係は大変重要です。

頭の良いトイプードルは、相手を見て判断をします。相手が自分よりも「下」と判断した時は、言うことを聞かなかったり、無視をしたりします。甘やかしすぎると、わがままに手の付けられないほどわがままになってしまいますので注意が必要です。

トイプードルは見た目の愛らしさとしつけのしやすさがの秘訣

トイプードルは飼いやすいので、初めて犬を飼うという人でも、安心して飼える犬種です。毛色のカラーバリエーションもたくさんあります。テディベアカットをはじめとした色々な種類のカットを楽しんだり、リボンやかわいい洋服を着せたりすることも出来ます。飼い主や家族に対して、従順で甘えん坊なところもまた可愛いものです。

ぬいぐるにのような見た目のかわいらしさ、賢く、しつけやすさからくる飼いやすさが、ここ10年、不動の第1位であるトイプードルのの秘訣です。

初回公開日:2017年09月25日

記載されている内容は2017年09月25日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related