Search

検索したいワードを入力してください

子犬のお散歩デビュー方法とは?お散歩デビューで知っておくこと

初回公開日:2019年08月21日

更新日:2020年08月08日

記載されている内容は2019年08月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

散歩は、犬を飼う上で大変重要なものです。子犬にとって、初めて散歩する際に気を付けておくべきポイントがいくつかあります。この記事では、子犬のお散歩デビューについて説明していますので、これから犬を飼う方は、ぜひ参考にしてみてください。

子犬のお散歩デビュー方法とは?お散歩デビューで知っておくこと

子犬の散歩の必要性3つ

子犬のお散歩デビュー方法とは?お散歩デビューで知っておくこと
※画像はイメージです
犬にとって、毎日の散歩は健康的な生活を送る上で、必要不可欠な活動です。

この記事では、子犬の散歩について詳しくご説明します。特に初めて子犬を飼う人は、散歩の始め方や注意すべき点などを役立てて下さい。

子犬の散歩の必要性1:ストレス解消になる

一般的に、犬にとって散歩をすることは、ストレス解消になると言われています。

犬も一日中、家の中など同じ場所にいると、外部からの刺激がないため気分転換ができません。散歩などで刺激を受けることで脳が活性化し、気分をリフレッシュすることができます。

犬は、匂いをかいだり運動したりすることが大好きなので、外出することで犬の本能的欲求を満たすことができます。

子犬の散歩の必要性2:日光浴になる

子犬を散歩させてあげることは、適度な日光浴につながり、健康維持に役立ちます。

散歩による子犬の日光浴では、人間と同じように体を強くしたり、体内時計の調整に役立つなど、さまざまな健康効果が期待できます。

ただし、日光浴のしすぎは、皮膚や目に負担をかけたり、熱中症になったりする可能性もあるため、注意が必要です。

日光浴の時間は、1日30分~1時間程度を目安にし、適度な散歩を心がけましょう。

子犬の散歩の必要性3:肥満対策・筋力アップになる

子犬のうちから散歩を習慣づけることで、肥満対策や筋力アップにつながると言われています。

犬の体に負担をかけない程度に、できるだけ土や芝生の上などの自然の中で散歩をすると良いでしょう。自然の環境で散歩をすることは、歩く際に適度に踏ん張ることになるので、軽い筋トレになります。

散歩の習慣が身についていない犬は、筋力や内臓機能が衰え、動きたがらなくなる場合もあります。日ごろから散歩を習慣づけ、無理のないペースで筋力アップをさせてあげましょう。

子犬の散歩の注意点4つ

子犬のお散歩デビュー方法とは?お散歩デビューで知っておくこと
※画像はイメージです
子犬にとって、初めて外に散歩に行くことは、新しい世界への好奇心と恐怖心が入り混じった体験です。

以下に、飼い主と子犬が楽しく安全に散歩するための注意点を4つ挙げますので、ぜひ参考にして下さい。

子犬の散歩の注意点4つ

  1. 拾い食い
  2. 害虫
  3. 地面の熱さ
  4. 飛び出し

子犬の散歩の注意点1:拾い食いをさせない

子犬を散歩させる際に、最も気を付けなければならないのが「拾い食いをさせない」ということです。

犬はクンクンと匂いを嗅ぎながら歩くうちに、食べられそうな物を見つけて食べてしまうことがあります。道路に落ちている物には、犬の体に害を与えるような毒物やさまざまな病気の原因となる感染源など、危険なものがたくさんあります。

場合によっては、拾い食いしたもので犬が命を落としてしまうこともありますので、散歩の際は、犬に拾い食いをさせないように十分注意が必要です。

子犬の散歩の注意点2:害虫に気をつける

次に子犬の散歩で注意すべきことは、「害虫に気を付ける」ということです。害虫は犬の体に悪影響を及ぼします。「

特に、夏は蚊に注意が必要です。蚊はフィラリアの感染源になるため、蚊に刺されることでフィラリアを発症してしまうことがあります。

また、ノミやダニは、さまざまな場所で犬の体に付きますが、特に外に散歩に行く場合は、室内以上にノミやダニがつきやすいです。

散歩中は、むやみに草むらなど害虫が多く生存する場所へ近づくのはやめましょう。

子犬の散歩の注意点3:地面の熱さに気をつける

子犬を散歩に連れていく場合は、地面の熱さに気を付けて下さい。それは、脱水症状や肉球のやけどを避けるためです。

夏は、地面が非常に熱くなっているので、脱水症状で熱中症になったり、人間のように靴を履いていないため、肉球をやけどすることがあります。散歩に行く前に、飼い主が地面を触ってみて、地面が熱すぎないかどうかを確認しましょう。

早朝の涼しい時間帯や、夕方の日が沈んだ後などの時間帯に散歩するなど、犬の体に無理のない散歩スケジュールを決めるとよいでしょう。

子犬の散歩の注意点4:飛び出さないようにする

散歩の際は、子犬が危険なところに絶対に飛び出さないように注意しましょう。特に道路への飛び出しは危険です。

基本的に、子犬は好奇心が旺盛です。そのため、新しいものに興味をひかれたり、予期せぬことが起こった際に興奮して、急に飛び出す場合があります。散歩の前に、子犬をつないでいる首輪やハーネスに緩みがないかなど、安全面をしっかりチェックしましょう。

また、飼い主もスマホを見ながら歩いたりせず、散歩をさせる間は、子犬にしっかりと注意を払うように心がけていれば、突然の飛び出しにも対応できるでしょう。

子犬のお散歩デビューはいつから?

子犬のお散歩デビュー方法とは?お散歩デビューで知っておくこと
※画像はイメージです
子犬のお散歩デビューは、ワクチンプログラムが終了して約3週間後から100日後が良いとされてます。

子犬の免疫が十分でない内は本格的な散歩は控え、抱っこして家の前などを少し散歩する程度にしましょう。

子犬の散歩時間

子犬の散歩時間は、早朝と夕方の比較的涼しい時間帯にしましょう。

子犬の散歩は、あまり無理をしない程度に、朝夕ともに20分から30分程度を目安にすると良いでしょう。毎日同じ時間帯に散歩の習慣をつけることで、犬の生活リズムがつき体調が整うという効果も期待できます。

また、犬は食後に散歩すると吐いてしまう場合があるため、エサを食べる前に散歩することをします。

子犬の平均散歩距離

子犬を散歩するうえで平均散歩距離は、重要ではないと言われています。まだ散歩に慣れていない内は、飼い主が抱っこして歩き、最初の内の散歩は、短めの距離から始めるようにすると良いでしょう。

これは子犬にも成犬にも共通して言えることですが、距離でなく時間を決めて散歩をすることで、縄張り意識が強くなりすぎず、散歩がしやすい犬に成長する場合が多いです。

さらに、時間を意識して散歩することによって、決まった時間になったら感覚的に家に帰ることを犬に覚えさせることができます。

子犬のお散歩回数

子犬の散歩回数は、その日の様子を見て、あまり負担にならない程度に調節しましょう。基本的には、毎日散歩をする習慣をつけ、1日2回を目安にするとよいでしょう。

慣れないうちは、公園やドッグランなどの安全な場所で自由に走り回らせてあげると喜びます。現地までは、抱っこやキャリーバッグなどで連れて行き、自由に遊ばせてあげる体験で、散歩が楽しく始められるのでです。

子犬のお散歩デビュー前にワクチンは必須!

子犬は免疫力が弱いため、お散歩デビューの前にワクチンプログラムが終了していることが必須です。

ワクチンを接種する前にお散歩に連れて行くと、子犬が病気や感染症になる可能性があります。ワクチン接種が完了する前に外で他の動物と触れ合ったり、自然の中で虫などに刺されたりすれば、場合によっては、命にかかわることもあります。

ワクチンは、接種直後は効力がなく、数日かけて子犬の体内に抗体が作られて行きます。そのため、ワクチン接種が終了した2週間後以降からの散歩が良いとされています。

ワクチン接種で気をつけること

  1. ワクチン接種前や接種直後は、病気や感染症にかかるリスクが高い
  2. 子犬のお散歩デビューの時期を誤ると、命にかかわるほど危険な場合もある
  3. 子犬のお散歩デビューは、ワクチン接種終了後、十分な抗体ができる2週間以降から

子犬の散歩デビューをする方法3つ

子犬のお散歩デビュー方法とは?お散歩デビューで知っておくこと
※画像はイメージです
子犬のお散歩デビューの方法には、いくつかのポイントがあります。

以下に、飼い主と子犬が一緒に、楽しく安全にお散歩デビューができるようにするための、主な方法を3つご紹介します。

散歩デビューをする方法

  1. 首輪やリードに慣れる
  2. 抱っこして散歩する
  3. 家の近所から始める

子犬の散歩デビューをする方法1:首輪やリードを付ける練習をする

散歩に必要な練習として、日頃から家の中で首輪やリードを付けて慣らしてあげるようにしましょう。最初は嫌がる子犬も多いです。

子犬が、首輪とリードに対して良いイメージを持てるように、首輪とリードを付けたら、うれしい経験ができるようなルールを決めておくと良いでしょう。

その際は、事故が起こらないように、首輪とリードを付けたまま放っておいたりはしないで下さい。首輪とリードを付けて遊ばせてあげるときは、飼い主さんが注意してきちんと見守ってあげましょう。

子犬の散歩デビューをする方法2:お散歩コースを抱っこして歩く

子犬を散歩に連れていく場合、初めは抱っこしてお散歩することで、無理なく慣らしていくことができます。

抱っこでの散歩の際も、急に飛び降りる可能性があるため、首輪とリードを付けて抱っこしたり、スリングを使って散歩したりすると、子犬も安心して外に出ることができるので、です。

この方法であれば、ワクチンプログラムが終了していない子犬でも抱っこして散歩することができ、病気などのリスクも少なく、外に出ることで脳に良い刺激を与えることができます。

子犬の散歩デビューをする方法3:家の近所から始める

子犬のお散歩デビューは、ワクチンプログラムが終了して2週間後から、家の近所から始めると良いでしょう。できるだけ車の少ない静かな道を選び、ゆっくり歩いて少しずつ散歩の練習をしましょう。

外は子犬にとって、初めて出会うものばかりなので、特に初めの日は、家の前など見慣れた場所で歩かせることで、恐怖心を抱くことなく散歩デビューできるでしょう。

また、子犬を安心させてあげるために、気に入っているおやつやおもちゃなどを使って、楽しさを演出するのもです。

子犬がお散歩を嫌がる時の対処方法3つ

子犬のお散歩デビュー方法とは?お散歩デビューで知っておくこと
※画像はイメージです
お散歩を始めようとしても、どうしても子犬が散歩に行きたがらない時があります。では、子犬がお散歩を嫌がる場合、どのように対処したら良いのでしょうか。

ここでは、嫌がる時の主な対処方法3つをご紹介します。

嫌がる時の対処方法

  1. 原因を見つける
  2. リードや首輪の練習をする
  3. 恐怖心をなくす

子犬がお散歩を嫌がる時の対処方法1:何が嫌なのか原因を見つける

まずは、子犬がお散歩を嫌がっているのはなぜなのか、その原因を見つけてあげることが重要です。

子犬はまだ散歩に慣れていないため、さまざまな要因で散歩を嫌がることがあります。犬にも育ってきた環境の違いや個性があり、散歩を嫌がる原因は、犬によって異なります。

嫌がる原因を正しく見極め、嫌がっている理由を理解してあげることで、解決方法もわかってきます。

子犬がお散歩を嫌がる時の対処方法2:リードや首輪の練習をする

子犬が散歩を嫌がる原因で一番多いのが、リードや首輪に慣れていないということです。子犬がリードや首輪に慣れていないことが原因で散歩を嫌がる場合は、まずリードや首輪をつける練習をしてみましょう。

リードや首輪をつけるとケージから出られたり、遊んでもらえたりするなど、リードや首輪をつけるとご褒美がもらえるなどのルールを作ると、練習が上手くいく場合があるので、ぜひ試してみてください。

リードや首輪に良い印象を与えることで、リードや首輪をつけることを嫌がらなくなる場合が多いです。

子犬がお散歩を嫌がる時の対処方法3:外の恐怖心をなくしてあげる

外の新しい世界に恐怖心を抱いて散歩を嫌がっている場合は、家の近所の道を抱っこして散歩することから始めてみましょう。

お散歩を嫌がる子犬は、外の世界に恐怖心を抱いている場合が多いです。子犬にとって、知らない人や他の犬、車や風などの音など、初めて外の世界で出会うもの全てが恐怖や不安の原因になりえます。

この際、たとえ抱っこしてお散歩していても、安全のためにリードや首輪、もしくはハーネスを必ずつけることを忘れないようにしましょう。

子犬の散歩にグッズ3選

子犬のお散歩デビュー方法とは?お散歩デビューで知っておくこと
※画像はイメージです
ここでは、子犬のお散歩デビューに役立つ、グッズを3つご紹介します。

お散歩は、飼い主との信頼関係を築く上でも大切なコミュニケーションになります。きちんと準備をして楽しく散歩をしていきましょう。

子犬の散歩にグッズ1:リッチェルお散歩ハンディーシャワー

お散歩の途中、子犬ののどが渇いたり、してはいけない場所でおしっこをしてしまうことがあります。その時に役立つのが、リッチェルお散歩ハンディーシャワーです。

これ一本で、おしっこの後に水をかけて洗い流すシャワーとして使ったり、水を飲ませたい時の受け皿にしたりできるので、のお散歩グッズです。

値段も安いので、お散歩デビューで試してみてはいかがでしょうか。
商品名ブランド価格素材特徴
お散歩ハンディーシャワーリッチェル380円からポリエチレン、アルミ水洗い用シャワー兼水飲み皿。市販のペットボトル取付可。

子犬の散歩にグッズ2:free stitch オリジナル ヌメリングワンタッチハーネス

子犬が、首輪よりも嫌がりにくいと評判なのが「ヌメリングワンタッチハーネス」です。

上質の素材で長く使えて、デザインも上品でシンプルなので、です。

時間の経過とともにアメ色に変わっていくヌメ革は、有害物質が出にくく、環境にも優しい素材です。また、犬にとっても付け心地が良いシンプルで上品なデザインが、多くの飼い主に支持されています。
商品名ブランド価格素材特徴
オリジナル ヌメリングワンタッチハーネスfree stitch3,888円から牛革環境に優しく、上質なヌメ革を使用。

子犬の散歩にグッズ3:刺繍名前入りリード

子犬の名前をオーダーメイドで刺繍してくれるので、世界に一つだけの、あなたの愛犬専用のリードができます。

名前以外にも、犬の特徴や好きな言葉や記号なども刺繍で入れることができ、リード本体の色も好きな色から選べるので、散歩に行くのが楽しくなるようなグッズです。

子犬のお散歩デビューに合わせて、あなたの愛犬の名前刺繍入りのリードを作ってみてはいかかでしょうか。
商品名ブランド価格素材特徴
刺繍名前入りリードトップワン2,680円からパイレンテープオーダーメイドの刺繍名前入り。

子犬と楽しくお散歩をしよう

子犬のお散歩デビュー方法とは?お散歩デビューで知っておくこと
※画像はイメージです
子犬のお散歩デビューには、いくつかの注意点やポイントがありますが、飼い主と子犬が楽しく散歩に行けるようにするのが、一番大切です。

犬にも個体差があるので、あまり無理せず、お互いにストレスに感じない程度にゆっくりお散歩に慣れて行きましょう。

これからの毎日を楽しく過ごせるように、子犬のお散歩デビューについての正しい知識をもって始めるようにすると良いでしょう。

Related