Search

検索したいワードを入力してください

犬が嫌がる匂いとは?犬の嗅覚と嫌いな匂い7選について紹介!

初回公開日:2019年08月26日

更新日:2020年02月15日

記載されている内容は2019年08月26日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

犬は人間よりもはるかに優れた嗅覚を持っているため、人間からすると大したことのない匂いであっても、とてつもない悪臭に感じられることもしばしばです。この記事では犬の嫌いな匂いについてご紹介しているので、愛犬に嫌な思いをさせないためにもぜひチェックしてみてください。

犬が嫌がる匂いとは?犬の嗅覚と嫌いな匂い7選について紹介!

犬の嗅覚はこんなに凄い!

犬が嫌がる匂いとは?犬の嗅覚と嫌いな匂い7選について紹介!
※画像はイメージです
犬は優れた嗅覚を持つことで知られています。一説には、犬の嗅覚の鋭さは人間のそれに比べて数百万倍にもなるとさえ言われているほどです。

その優れた嗅覚ゆえに、私たち人間には決して嗅ぎ取ることのできないものを嗅ぎ分けられる警察犬や麻薬探知犬として、世のため人のために活躍してくれている犬も多くいます。

鋭い嗅覚を持っている犬だからこそ、人間には何ともない匂いやかすかな匂いであったとしても、たまらない悪臭に感じられることもしばしばです。

この記事では犬が嫌いな匂いについて特集しているので、ぜひ最後までご覧ください。

犬の嫌いな匂いとは?

犬が嫌がる匂いとは?犬の嗅覚と嫌いな匂い7選について紹介!
※画像はイメージです
愛犬に不快な思いをさせないためには、犬の嫌いな匂いを知り、それらの匂いを愛犬から遠ざけるように心がけることが必要です。

飼い主さんから悪意なく嫌いな匂いを嗅がされ、つらい思いをしている犬も少なくないからです。

ここからは犬が嫌いな匂いについてピックアップしてご紹介していきますので、犬を飼っている方・これから飼おうとしている方はぜひチェックしてみてください。

犬の嫌いな匂い

  • お酢の匂い
  • タバコの匂い
  • アルコールの匂い
  • 柑橘類の匂い
  • 化学物質を含んだ匂い
  • スパイスの匂い
  • マニキュアの匂い

犬の嫌いな匂い1:お酢の匂い

犬の嫌いな匂いとしてまずご紹介したいのが、お酢の匂いです。お酢からただよう酸っぱい臭いは、犬にとって刺激臭に感じられてしまうからです。

人間からしても強い酸味を感じる匂いですので、人間よりも何百万倍もの優れた嗅覚をもつ犬からすると、痛みを感じるほどの刺激的な匂いに感じられることでしょう。

また、酸っぱい匂いは肉の腐った匂いを連想させるということも、お酢が犬の嫌いな匂いである理由として考えられるでしょう。

犬の嫌いな匂い2:タバコの匂い

タバコの臭いも、犬の嫌いな匂いのひとつとして挙げられるでしょう。タバコの臭いは人間にとっても悪臭に感じられますが、犬にとっても不快な強い悪臭でしかありません。

ヤニの強い匂いは犬の嗅覚を刺激し、心身ともにストレスを与えてしまいます。タバコからは犬の嫌いな匂いがするだけでなく、副流煙によって犬の健康をじわじわと蝕んでいくものですので、愛犬の健康のことを考えるならば愛犬がいるところでの喫煙はやめるべきでしょう。

犬の嫌いな匂い3:アルコールの匂い

犬の嫌いな匂いのひとつとして、アルコールの匂いも挙げられます。アルコールはツンとした独特の強い匂いがするため、犬には刺激が強すぎると言えるでしょう。

たとえば消毒薬にはアルコールがたっぷりと含まれているので、犬の嫌な匂いに該当します。

また、お酒をたくさん飲むと体からアルコール臭がするため、たとえ大好きな飼い主さんであっても、お酒の匂いがぷんぷんする状態だとスキンシップを取りたがらない犬もいることでしょう。

犬の嫌いな匂い4:柑橘類の匂い

柑橘類の匂いも、犬の嫌いな匂いのひとつに含まれます。私たち人間からすると、柑橘類の匂いは悪臭ではなく爽やかなよい香りと感じられることでしょうが、犬からすると違います。

とりわけ八朔やグレープフルーツなど酸味の強い柑橘類のフルーツは、犬にとって刺激的な匂いに感じられてしまうからです。

そのため、飼い主さんがグレープフルーツの香りのするボディミスとなどを使用していると、あまり飼い主さんの近くに来ようとしない犬もいます。

爽やかな柑橘類の香料が使われた芳香剤も、犬からすると嫌いな匂いに感じられるでしょう。

犬の嫌いな匂い5:化学物質を含んだ匂い

犬の嫌いな匂いのひとつとして忘れてはならないのが、化学物質を含んだ匂いです。

自然界にない化学物質を含んだ匂いは、犬にとって違和感を覚えるものであり、悪臭にさえ感じられることでしょう。

天然由来の香料ではなく化学的に合成された香料を使用した芳香剤や香水、柔軟剤、リネンスプレーなどは、犬に不快感を与えてしまうことがよくあります。

人間にとってよい香りに感じられても犬にとってはそうではないこともしばしばですので、犬のベッドやブランケットなどを洗濯する時には無香料タイプの洗剤を使うことが必要です。

犬の嫌いな匂い6:スパイスの匂い

スパイスも、犬が嫌う匂いのひとつに数えられるでしょう。普段スパイスの匂いにかぎなれていない人間であっても、スパイスの独特の匂いを苦手に感じる方も多いはずです。

優れた嗅覚を持ち、スパイスを食べる習性のない犬ならばなおさらのことでしょう。スパイスからは独特の強い刺激臭がするため、犬の鼻を刺激し、犬は嫌がってしまいがちです。

自宅でスパイスから本格的なカレーを作った場合、台所にしばらくスパイスの匂いが漂うため、犬は台所から距離を置こうとすることでしょう。

犬の嫌いな匂い7:マニキュアの匂い

犬の嫌いな匂いのひとつとして知っておきたいのが、マニキュアの匂いです。人間であっても、男性のみならずマニキュアを使う女性であってもその匂いを苦手に感じている方も多いのではないでしょうか。

マニキュアからは強い刺激臭がするため、優れた鼻をもつ犬からすると悪臭でしかありません。

除光液も同じように強い刺激臭がすることから、犬に嫌な思いをさせてしまうことでしょう。

愛犬に嫌な思いをさせないためにも、犬のいる室内でマニキュアや除光液を使用するのは控えたいところです。

飼い主が配慮することで犬の生活環境を良くしよう!

犬が嫌がる匂いとは?犬の嗅覚と嫌いな匂い7選について紹介!
※画像はイメージです
今回は犬が嫌がる匂いについてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

犬が嫌いな匂いからは愛犬を遠ざけてあげる思いやりが必要です。

犬のブランケットなどを洗う洗剤や飼い主さんの使用している香水・マニキュアなどが犬に不快感を与えてしまっていることも多いので、犬の嫌な匂いをきちんと知り、犬に嫌な思いをさせないためにそのような匂いを避けることが必要でしょう。

Related