Search

検索したいワードを入力してください

犬の幸せって何?飼い主次第?犬の幸せ表現と愛犬を幸せにする秘訣

「犬の幸せは飼い主次第なの?」と思っている方も多いでしょう。今回は、「犬の幸せって何?」に着目して犬の幸せについて深く掘り下げて解説いたします。犬が幸せに感じている時の表現と愛犬を幸せにする秘訣についても詳しくご紹介しますので、ぜひご覧ください。

犬の幸せって何?飼い主次第?犬の幸せ表現と愛犬を幸せにする秘訣

犬の幸せって?

愛犬に幸せに過ごして欲しいと願う方や、犬を飼い始めたばかりの方は、「犬の幸せって何?」と考えることが多いと思います。ここでは、「犬の幸せってなんだろう?」といった疑問について色々な角度から答えを解説していきたいと思います。

「それぞれの犬の幸せの形とは?」「あなたの犬は幸せなのか?」などといった犬サイドからの幸せの在り方についても詳しくご紹介します。犬が幸せを感じている時の感情表現についても詳しくご紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

犬の幸せって?幸せを表す表現12選

ここでは、犬が幸せを感じている時の幸せを表す表現方法についてご紹介します。「犬の幸せって」何だろうと考えた時に、次のような表現方法が挙げられます。

「目を見つめる」「しっぽを振る」「寄り添ってくる」「おもちゃを持ってくる」「飼い主と一緒に寝る」「舌をみせる」「眉毛をあげる」「触れ合っている時」「頭を撫でられている時」「あくび」「帰宅した飼い主を興奮して迎える」「留守番の時に落ち着いている」といった犬が見せる12の表現方法を、ぜひあなたの犬にも当てはまるかどうか観察してみてください。

犬の幸せって?幸せを表す表現12選

  • 犬の幸せを表す表現1:目を見つめる
  • 犬の幸せを表す表現2:しっぽを振る
  • 犬の幸せを表す表現3:寄り添ってくる
  • 犬の幸せを表す表現4:おもちゃを持ってくる
  • 犬の幸せを表す表現5:飼い主と一緒に寝る
  • 犬の幸せを表す表現6:舌をみせる
  • 犬の幸せを表す表現7:眉毛をあげる
  • 犬の幸せを表す表現8:触れ合っている時
  • 犬の幸せを表す表現9:頭を撫でられている時
  • 犬の幸せを表す表現10:あくび
  • 犬の幸せを表す表現11:帰宅した飼い主を興奮して迎える
  • 犬の幸せを表す表現12:留守番の時に落ち着いている

犬の幸せを表す表現1:目を見つめる

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような表現方法が挙げられます。犬の幸せを表す表現その1は、「犬が飼い主の目を見つめる」です。

犬が飼い主の目を見つめるのは、もっぱら犬の愛情表現だとされています。また、犬同士で見つめあうことにより愛情の確かめ合いをしているといわれています。つまり、行為を抱いているもの同士でお互いの顔を見つめあい意のある所を示す、といったところでしょう。

逆に目をそらす行為は犬にとって、不和や仲たがい、争いといった意味にもつながりますので、犬が見つめてきたときには、じっとその目を見つめ返すようにしましょう。

犬の幸せを表す表現2:しっぽを振る

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような表現方法が挙げられます。犬の幸せを表す表現その2は、「犬がしっぽを振る」です。

犬がしっぽを振る時は犬が嬉しいと感じている時だと一般的には解釈されているようですが、実は、愛情表現のパフォーマンスでもあるのです。

人間は二足歩行ですが犬はそうではありません。人間は手を使いジェスチャーを交えて愛情を表現しますが、犬にはそれができないのです。そのため、唯一残されたしっぽを使って愛情を表現しているといえます。

犬がしっぽを振っている時は、しっぽに全神経を集中させ思いのたけを表現している状態であるともいえるでしょう。

犬の幸せを表す表現3:寄り添ってくる

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような表現方法が挙げられます。犬の幸せを表す表現その3は、「犬が寄り添ってくる」です。

犬が体をすり寄せてくるときは飼い主に愛情を感じている時だと判断して良いでしょう。なぜならば、犬は警戒心の強い生き物なので、心を許した相手以外には決してすり寄ることはしないためです。

犬は嗅覚が優れているので、さまざまなにおいが入り混じった環境においても正確に飼い主のにおいを嗅ぎ分けられます。また、愛情を感じている相手のにおいをしっかりと記憶していますので、犬が寄り添ってくる時はそのにおいを確かめるための行為だともいえます。

犬の幸せを表す表現4:おもちゃを持ってくる

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような表現方法が挙げられます。犬の幸せを表す表現その4は、「犬がおもちゃを持ってくる」です。

好きなおもちゃで遊んでほしいという気持ちから犬がおもちゃを持ってくるのだと考えるのが自然でしょう。しかし、犬がおもちゃを持ってくるという行為には、そういった気持ち以外の別の感情が働いているとも考えられます。

珍しいおもちゃを与えてくれてありがとう、といった思いや、お気に入りのおもちゃで遊べて嬉しいなどといった気持ちを伝えるために、飼い主のところへ犬がおもちゃを持ってくる場合もあるでしょう。

犬の幸せを表す表現5:飼い主と一緒に寝る

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような表現方法が挙げられます。犬の幸せを表す表現その5は、「犬が飼い主と一緒に寝る」です。

犬は心穏やかに眠りにつきたいと考える生き物です。いつも一緒に過ごしている飼い主のそばが、犬にとっては一番落ち着いて過ごせる場所なのです。居心地の良さを感じているかどうかは犬の表情を観察していれば分かるでしょう。

寝息を立てて気持ちよさそうに眠っているようであれば、リラックスしている状態ですので、眠りを妨げないように気を配りましょう。飼い主が好きすぎる犬にとって飼い主と一緒に寝る行為は至福の時なのです。

犬の幸せを表す表現6:舌をみせる

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような表現方法が挙げられます。犬の幸せを表す表現その6は、「犬が舌をみせる」です。

犬が舌をみせる行為は体温調節を行っているのだと思われがちですが、犬が体温調節以外で舌を見せる時があります。それは、犬が幸せを感じているときなのです。

飼い主に舌を見せることで「私は今とっても幸せ」だということをアピールしている状態ですので、思いを優しく受け止めてあげましょう。体を撫でてあげたり、声をかけてあげたりと、犬の愛情表現にこちらも愛情表現で応えてあげるのがベストです。

犬の幸せを表す表現7:眉毛をあげる

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような表現方法が挙げられます。犬の幸せを表す表現その7は、「犬が眉毛をあげる」です。

「犬に眉毛なんてあるのか?」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、実は、犬にも眉毛があります。皮膚が重なっているような犬種はなかなか判断が難しかったりするのですが、そうではない犬種は比較的簡単に眉毛を確認できます。

その眉毛に犬の愛情表現が垣間見える時があるとは驚きですよね。眉毛を上下させる時、犬は幸せを感じている状態です。一瞬のことなので、見逃さないように気をつけてください。

犬の幸せを表す表現8:触れ合っている時

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような表現方法が挙げられます。犬の幸せを表す表現その8は、「犬が飼い主と触れ合っている時」です。

人間にも当てはまることなのですが、好きな人と触れ合っている時間は誰しも楽しいと感じるものです。犬も大好きな飼い主と触れ合っている時間は幸せを感じるひと時なのです。

時間を共有しあえることもそうですが、スキンシップを図ることで、大好きな飼い主に意識を向けられていることに本能的に喜びを感じるのでしょう。また、犬同士でもじゃれあっている姿をよく目にしますが、愛情表現の1つなのだと理解して問題ありません。

犬の幸せを表す表現9:頭を撫でられている時

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような表現方法が挙げられます。犬の幸せを表す表現その9は、「犬が飼い主に頭を撫でられている時」です。

犬にとって飼い主に頭を撫でられる行為は特別に喜ばしいことでもあります。例えば、フリスビーで遊んでいる時や、ボールで遊んでいる時に、指事通りの動作を行ったとします。その時に犬の頭をなでてあげると犬は「正しい行為を認められた」「うれしい」と感じ記憶します。

なぜそのように感じるのかといいますと、群れで行動していた犬にとってリーダー格の犬に認めてもらえると、喜びや誇らしさを感じるように遺伝子的にも組み込まれているからなのです。頭に触れられる行為は、とても名誉なことに値しますので、幸せを感じている証拠でもあります。

犬の幸せを表す表現10:あくび

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような表現方法が挙げられます。犬の幸せを表す表現その10は、「犬があくびをしている時」です。

犬があくびをしている時は「つまらない」「退屈」と感じているからではありません。幸せな気持ちが頂点に達してあくびをするといった行為に至っているのです。これ以上ないほどの喜びをあくびをしてみせるという行為を通して表現しているともいえます。

あくびは脳に空気を補充する意味でも大切な生理現象でもありますが、犬にとっては喜びを体現する1つの方法でもあります。犬が幸せだと感じていればいるほどあくびの数は増えることでしょう。

犬の幸せを表す表現11:帰宅した飼い主を興奮して迎える

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような表現方法が挙げられます。犬の幸せを表す表現その11は、「犬が帰宅した飼い主を興奮して迎える時」です。

犬との主従関係をきちんと築けている飼い主が帰宅したときには、犬は興奮して出迎えてくれます。もちろん、帰宅した時に限らず大好きな飼い主が視界に入った時には興奮して近寄ってくる場合もあります。

そして、犬が興奮している状態というのは喜びを体全体で表現している時だともいえます。このようにして感じている幸せを行為によって飼い主に伝えることは、動物の本能的なものだともいえるでしょう。

犬の幸せを表す表現12:留守番の時に落ち着いている

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような表現方法が挙げられます。犬の幸せを表す表現その12は、「犬が留守番の時に落ち着いている状態でいる」です。

情緒不安定な犬とそうでない犬との違いには留守番をしている時の状態で判断できます。落ち着きのない犬は基本的に情緒不安定ですので、部屋から部屋へと右往左往してそわそわしていることが多いです。

しかし、愛情を十分に注いでもらっている犬は安定していますので、一人になっても狼狽するようなことはありません。静かに落ち着いて過ごすことができるのです。

留守番の時に落ち着いているかどうかで、犬は幸せを感じているのかどうかを判断できるといっても過言ではありません。

犬を幸せにする秘訣

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような秘訣が挙げられます。ここでは、犬を幸せにする秘訣についても詳しくご紹介します。

「犬の幸せってなんだろう」と考えた時に「犬の幸せ」は、「犬とたくさん遊ぶこと」「犬に質の良い食事を与えること」「犬に適度な散歩をさせること」「犬の生活空間を整えてあげること」「犬が安眠できる環境を整えてあげること」「犬に飼い主の愛情をそそいであげること」「犬の被毛の手入れをしてあげること」「犬の健康チェックを行ってあげること」などが考えられると思います。

犬を幸せにする秘訣について以下で詳しく説明しますので、ぜひ参考にしてみてください。

犬を幸せにする秘訣

  • 犬を幸せにする秘訣1:たくさん遊ぶ
  • 犬を幸せにする秘訣2:質の良い食事
  • 犬を幸せにする秘訣3:適度な散歩
  • 犬を幸せにする秘訣4:犬の生活空間
  • 犬を幸せにする秘訣5:安眠する環境
  • 犬を幸せにする秘訣6:飼い主の愛情をそそぐ
  • 犬を幸せにする秘訣7:被毛の手入れをする
  • 犬を幸せにする秘訣8:健康チェック

犬を幸せにする秘訣1:たくさん遊ぶ

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような秘訣が挙げられます。犬を幸せにする秘訣その1は、「犬とたくさん遊ぶこと」です。

犬の寿命は長くて20年といわれています。子供の成長を見守るように家族同然のように過ごしていても、犬は人間の倍以上の速さで歳をとっていくのです。

そのため、走り回って体を動かすことのできる期間は限られています。健康で丈夫な負荷のかからない体であるうちに犬とたくさん遊んであげてください。結果、それが犬の幸せにもつながるのです。

犬を幸せにする秘訣2:質の良い食事

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような秘訣が挙げられます。犬を幸せにする秘訣その2は、「犬に質の良い食事を与えること」です。

野菜・果物・肉魚・穀物・海藻類などといった栄養のバランスを考えた食事を与えるようにしてあげてください。ドッグフードを与え続けるだけでは不足する栄養素があります。

ビタミンなどはサプリメントなどで補うようにしましょう。犬の好物は意外に多いもの。体に害のない食べ物かどうかを調べたうえで、適量を与えるようにしてください。

犬を幸せにする秘訣3:適度な散歩

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような秘訣が挙げられます。犬を幸せにする秘訣その3は、「犬に適度な散歩をさせること」です。

犬を健康的に育てる上で欠かせないポイントが「適度な散歩をさせること運動」です。犬は歩くことでストレスを解消させる生き物です。

運動不足は健康面に大きなダメージを与えてしまう可能性があります。犬に幸せな一生を送ってもらいたいと強く望むのであれば、散歩をさせる行為は必須です。だからといって、運動のし過ぎは体への負担が大きいので、適度に行うようにしましょう。

犬を幸せにする秘訣4:犬の生活空間

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような秘訣が挙げられます。犬を幸せにする秘訣その4は、「犬の生活空間を整えてあげること」です。

犬の生活スペースは犬のテリトリーに直結しますので、生活空間を快適に整えてあげることはとても大切なことです。犬が過ごしやすいように段差のあるものは取り除き、転んで骨折したりしないような柔らかい材質のもので床を覆ってあげることも1つの方法です。

室内犬は1日中家の中にいるので、ストレスがかからないように犬が好きなおもちゃなどをそばに置いたり、寝心地の良いベッドを買い与えてあげたりして、犬の気持ちになって考えてあげてください。

犬を幸せにする秘訣5:安眠する環境

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような秘訣が挙げられます。犬を幸せにする秘訣その5は、「犬が安眠できる環境を整えてあげること」です。

犬にとって安眠できる環境であるかどうかは大事なポイントです。安眠できない環境で過ごすことはとても不幸せなことにつながるからです。例えば、人間でも毎日数時間で目が覚めて熟睡できない日が続くと、健康に問題が生じたりします。

そのように、犬にとっても熟睡できない環境に身を置くことはストレスをため事にもつながりますので、健康に悪影響を及ぼすと考えて良いでしょう。

犬を幸せにする秘訣6:飼い主の愛情をそそぐ

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような秘訣が挙げられます。犬を幸せにする秘訣その6は、「犬に飼い主の愛情をそそいであげること」です。

愛情に飢えている犬はとても凶暴な性格になりがちです。大切にされていないと感じると犬は飼い主に対しても敵意をいただくことがあります。そのため、人間不信の犬にならないためにも十分な愛情を犬に注いであげるようにしてください。

たくさんの愛情に包まれた犬はとても従順で穏やかな性格に育ちます。しつけを行う上でも比較的飼い主の指示に従いやすい素直な犬になります。

犬を幸せにする秘訣7:被毛の手入れをする

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような秘訣が挙げられます。犬を幸せにする秘訣その7は、「犬の被毛の手入れをしてあげること」です。

毎日犬の被毛をブラッシングしてあげることは犬のストレス軽減にもつながります。そして、ストレスが減ることで犬の幸せな気持ちもアップします。

ペットショップで売られている商品を使ってブラッシングしてあげても良いですし、手づくりしたもので行ってあげても問題ありません。ただし、やりすぎは抜け毛の原因にもなりますので、適度におこなうようにしましょう。

犬を幸せにする秘訣8:健康チェック

「犬の幸せって何だろう?」と考えた時に、次のような秘訣が挙げられます。犬を幸せにする秘訣その8は、「犬の健康チェックを行ってあげること」です。

健康チェックは専門の動物病院で行うようにしましょう。獣医師に犬の健康診断を行っていただくのが一番です。また、普段の生活で気になるようなことがあれば、その都度獣医師に相談して、犬が毎日健康で快適に過ごせるように気を配りましょう。

幸せに感じている犬は比較的長生きしやすいといわれています。健康的な生活を送れるように飼い主は普段から犬の健康に気を配るようにしましょう。

犬の幸せは飼い主の幸せ!犬と暮らす相乗効果は?

ここでは、犬の幸せが飼い主の幸せにつながる背景と、犬と一緒に暮らす相乗効果とは何か、について詳しく説明します。相乗効果の一例として「心身の健康維持」「家庭円満」「感情の共有」の3つに焦点を当ててご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

犬と暮らす相乗効果1:心身の健康維持

犬と暮らす相乗効果その1は、「心身の健康維持」です。

犬と一緒に生活することで人間の心身の健康を維持することができます。動物を触れ合う生活は人間に良い刺激となってストレスが軽減されるからでしょう。このような生活を続けると情緒面も安定して、犬と一緒に暮らさない生活よりも穏やかな生活を送れるようになります。

犬と暮らす相乗効果2:家庭円満

犬と暮らす相乗効果その2は、「家庭円満」です。

犬と一緒に生活することによって家庭が円満になります。なぜならば、犬が1匹でもいることで会話が増えるからだと考えられます。犬を介した会話もできますし、犬の日常を話題としてあげ会話を続けることもできます。

このような家庭は会話の多い幸せに満ちている家族だともいえるでしょう。

犬と暮らす相乗効果3:感情の共有

犬と暮らす相乗効果その3は、「感情の共有」です。

犬と感情の共有ができる環境は人間にとってとても良いことです。一人暮らしを経験された方ならお分かりだと思いますが、人間は一人でいると感情の起伏が緩慢になりがちです。感動する出来事や、心動かされるような状況に出会う機会が少ないからです。

しかし、犬と一緒に生活することによって犬とのコミュニケーションが感情に揺さぶりをかけます。人間のバイオリズムが安定してくることでしょう。

犬の幸せ表現を理解して愛犬と一緒に幸せライフを送ろう!

今回は、「犬の幸せってなんだろう?」と題して愛犬との幸せライフについてさまざまな方法をご提案してきましたが、いかがでしたでしょうか。

犬が幸せを感じている時の表現方法をいくつかご紹介しましたので、あなたの犬が幸せを感じているかどうかをぜひチェックしてみてください。

「犬の幸せって何?」と考えている方や、愛犬に幸せに過ごして欲しいと願っている方、また犬を飼い始めたばかりの方は、こちらで紹介した犬の幸せの感情表現について理解を深めてくださいね。

Related