Search

検索したいワードを入力してください

人懐っこい動物15選|1人暮らしでも飼いやすい条件もあわせて紹介

更新日:2022年09月22日

1人暮らしでもペットを飼いたいという人は多いでしょう。この記事では、人懐っこい動物を紹介したり、1人暮らしでも飼いやすい条件を解説したりします。毎日を楽しく過ごすために、人懐っこい動物を飼いたい人は、ぜひこの記事を参考にしてください。

人懐っこい動物15選|1人暮らしでも飼いやすい条件もあわせて紹介
「人懐っこい動物を飼うとどんな良いことがある?」
「人懐っこい動物をペットとして飼いたいけど、1人暮らしでも飼える?」
「1人暮らしの人はどんな動物が飼いやすい?」
ペットを飼う人が増えている昨今、人懐っこい動物は大人にも子どもにも人気です。しかし、特に1人暮らしの人はペットを飼育することに対して不安があるでしょう。

この記事では、15種類の人懐っこい動物を紹介します。また、1人暮らしでも飼いやすい条件もあわせて解説するため、この記事を読めば1人暮らしの人でもペットを飼うことへの不安を解消できる一助となるでしょう。

この記事を読んで、人懐っこい動物にはどんな動物がいるか、自分にはどんな動物を飼うのが合っているのか、確認してみてください。

ペットを飼うメリットとは?

ペットを飼う最大のメリットは、ペットと触れ合うことで愛しく、幸せな気持ちになることです。特に、人懐っこい動物を飼っている場合は、それが顕著になるでしょう。

仕事や勉強で忙しかったり、悩みがあって心が疲れたりしても、ペットの存在が癒しとなり、安心やリラックスにつながります

また、ペットが犬など散歩を必要とする動物の場合、飼い主の運動不足が解消されます。すると、快眠や快食になったり、健康的にダイエットできたりするでしょう。

さらに、人懐っこい動物の存在は子どもの情操教育にも効果があったり、夫婦のコミュニケーションを密にする材料の一つとなる可能性があります。また、ペットのお世話は生活に張りと安らぎをもたらせるでしょう。

人懐っこい動物15選

前述したとおり、人懐っこい動物を飼育することによって、飼い主に多くの良い影響を与えます。そのため、多くの人がさまざまなペットを飼っており、ペットからの癒しを享受しています。

現在、日本では犬や猫を始め、さまざまな動物を飼うことができます。ここからは、15種類の人懐っこい動物を見ていきましょう。

ペットを飼う前に確認しておきたいのが、ペットの価格や寿命、エサ代、飼育に必要な設備、散歩の必要性などです。また、飼育しやすさも大きなポイントになります。

決して人懐っこい動物を目にして衝動買いなどすることなく、事前にしっかりとリサーチして、覚悟を持って飼い始めましょう。

1:インコ

インコは個体によっては飼い主の手に乗ったり、言葉を覚えたり、名前を呼んだら近づいてきたりする場合もあり、人懐っこい動物と言えるでしょう。インコの寿命はおよそ7~15年です。

インコは広くペットショップで売られており、1万円前後から数万円で購入できます。飼育に必要な設備は鳥カゴやエサ入れ、水浴びの容器などです。それ以外に、エサ代が月に2,000~3,000円程度必要になるでしょう。

注意するポイントとしては、頻繁に鳴くため1人暮らしで飼う場合は防音対策を行う必要があることです。また、人懐っこい動物であるがゆえに、コミュニケーションの時間が少ないとストレスで毛をむしってしまう場合があります。

2:モルモット

モルモットは体の大きさが20~25㎝のげっ歯類です。ハムスターよりも大きくてウサギよりも小さく、人懐っこい動物のモルモットは人気のペットです。毛の色は白や黒、ブラウンなど、さまざまな色や柄をした個体がいます。

モルモットの性格は臆病でおとなしく、鳴き声や臭いはほとんどないため、集合住宅でも飼いやすいでしょう。屋内で飼うペットとしてほとんどデメリットがない動物と言えます。

モルモットの寿命は4~8年程度で、値段は数千円ほどで購入できます。必要な設備はケージや床材、隠れ家となる家などが必要です。エサ代は他の小動物と同様に、2,000~3,000円程度でしょう。

3:猫

猫は犬と人気を二分する人懐っこい動物です。ただし、猫は犬と異なり必ずしも散歩が必要ないことと、留守番中に大きな声で鳴くことは少ないため、留守番をさせやすいでしょう。

ただし、留守中にいたずらをされないよう、工夫する必要があります。また、部屋が狭い場合はキャットタワーなどを用意し、運動不足を予防したりストレスを解消できたりする空間を作りましょう。

猫の購入価格は品種や血統、年齢などよって大きく異なり、数万~20万円ほどです。また、譲渡会で保護猫を譲り受ける場合もあります。エサ代はおよそ2,000円~3,000円ほどですが、その他に予防接種やダニ・ノミの駆除費用も必要になります。

4:リス

リスの性格は臆病で神経質な面もありますが人懐っこい動物でもあり、個体によっては飼い主の手から直接エサを食べたり撫でたりすることもできるでしょう。

リスの中でも代表的な種類のシマリスは、体長12~15㎝ほど、しっぽの長さが8~11㎝ほどです。寿命は6~10年程度で、他の小動物より若干長いでしょう。

シマリスの購入費用はおよそ7,000~1万円程度で、種類によっては数万円することもあります。かなりの運動量が必要なリスの飼育には、ケージのほかに登り木なども用意する必要があります。

ケージから出す場合は、家具の間から出られなくなったり、ケーブルをかじって感電したりする危険性があるため、十分に注意が必要です。

5:フェレット

フェレットは温厚でありながら好奇心旺盛、かつ人懐っこい動物です。また、鳴き声は少なく日中のほとんどの時間は眠っているので、1人暮らしの人も飼いやすいペットでしょう。

体長は40~50㎝程度で、寿命はおよそ6~10年ほどです。ふさふさの毛が愛らしいフェレットですが、毛の色は白や茶色、黒などです。

およそ2万~5万円程度でペットショップに売っています。用意する設備はケージやトイレ砂などで、初期費用に数万円が必要です。また、エサ代は月に2,000~3,000円程度になります。

散歩は不要ですが、リードをつけて散歩することも可能です。また、体を洗う、爪切り・耳掃除などこまめなお世話が必要になります。

6:ハムスター

ハムスターは小さくて可愛らしいだけでなく、1,000~4,000円ほどと手ごろな値段で購入できるうえ、飼い主の手の上でエサを食べてくれるなど、人懐っこい動物でもあります。

寿命は2年~3年と短いため、長く一緒に過ごしたい人には向かないでしょう。

飼育にはケージや水入れ、トイレ、砂、敷材などを用意します。エサ代は月におよそ1,000円程度です。お世話もエサやりと水替え、トイレ掃除が中心で、初めてペットを飼うという人におすすめです。

鳴き声はほとんど気にならない程度ですが、夜行性のため夜間に回し車の音が気になる場合があります。また、ケージの外に出すと、壁や柱を噛んだり家具の隙間から出てこない場合があるため、注意が必要です。

7:犬

次のページ:1人暮らしでも飼いやすい動物の条件

初回公開日:2022年09月22日

記載されている内容は2022年09月22日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related