Search

検索したいワードを入力してください

オオカミはペットにできるのか|似ている狼犬の値段についても紹介

更新日:2023年09月13日

オオカミを飼ってみたいと感じる人もいることでしょう。この記事では、オオカミをペットにすることが可能なのかどうか説明するとともに、オオカミによく似た狼犬の特徴や購入する際の値段についても紹介しています。オオカミや狼犬に興味のある人は、ぜひ参考にしてみてください。

オオカミはペットにできるのか|似ている狼犬の値段についても紹介
オオカミとよく似た見た目の狼犬という生き物がいます。狼犬はイヌとオオカミの交雑から作り出された犬の種類の1つです。ウルフドッグとも呼ばれます。

そんな狼犬ですが、どんな生き物なのでしょうか。以下では、狼犬の特徴について紹介します。

狼犬の大きさについて

狼犬は犬の中では大型です。その身体的特徴は掛け合わされた犬種によって微妙に異なりますが、おおよそ体高66~81cm、45~70kgになります。

その大きさは際立っており、二本足で立ち上がると人間の身長と同じか、それを上回るほど大きな個体もいます。体の小さな子どもが狼犬と接するときは、十分な注意が必要です。

狼犬の性格について

狼犬はオオカミのイメージから凶暴な性格をしていると思われることが多いですが、実際には用心深い性格をしています。狼犬には高度な社会性があり、リーダーだと認めた人には従順であるため、飼い主が主導権を握ることができれば他の人に害を与えるようなことはありません。

一方で、警戒心が非常に強く、簡単に人に懐かないという一面もあります。とはいえ、その高度な社会性から、狼犬が認めた人たちとは良好な信頼関係を築くことが期待できます。

狼犬の寿命について

狼犬の平均的な寿命は12年ほどだとされています。これはそのほかの大型犬と比べても、特に長くも短くもなく、平均的な年数となっています。普段から健康状態に気を配ることで、さらに長生きしてくれることもあるでしょう。

狼犬の種類について

主な狼犬の種類として知られているのは、サーロス・ウルフホンド、チェコスロバキアン・ウルフドッグ、クンミング・ウルフドッグの3種類です。

サーロス・ウルフホンドはオランダ原産で、その名前は作出者であるオランダ人の名前に由来しています。サーロス・ウルフホンドはオオカミとシェパードから作られました。見た目の特性にはオオカミに似た部分が多くあります。

チェコスロバキアン・ウルフドッグは名前の通り、チェコスロバキア原産です。サーロス・ウルフホンドと同様のシェパードとカルパティアオオカミというオオカミから考案されました。

クンミング・ウルフドッグは中国原産の軍用、警察用の犬種です。中国政府が入手したオオカミと訓練された警察犬から作られました。不明な点も多いですが、見た目はシェパードに似ています。

狼犬を迎える際の値段

オオカミは特定動物に指定されており、ペットとして飼うことはできないことを最初に説明しました。それに対して、狼犬は犬の種類のうちの1つであり、ペットとして飼うことができます。狼犬を家庭に迎えるのに、どれくらいのお金が必要なのでしょうか。

狼犬の子犬の値段は平均して50万円前後になります。購入価格はどこでどうやって購入するのかによっても異なります。また、狼犬のオオカミの血の濃さに伴って値段が高くなる傾向が見られます。血統によっては、100万円以上の値段が付くこともあります。

狼犬の飼育1ヶ月にかかる費用

狼犬そのものの値段はわかりましたが、狼犬を飼うことになったら1ヶ月にどれくらいのお金がかかるのでしょうか。

以下で、狼犬の飼育1ヶ月にかかる費用について見ていきます。

食費、医療費、トリミング代、日用品代にかかる費用

狼犬にもそのほかの犬種と同じようにドッグフードを与えます。ドッグフードの値段も様々ですので、与えるドッグフードの種類にもよりますが、大型犬の1ヶ月の食費は6,000~10,000円ほどになります。品質の良いドッグフードを与える場合には、20,000円ほどかかることもあります。

大型犬の1ヶ月の医療費は10,000円弱ほどです。トリミング代に関しては、月に1回通うとした場合、平均して10,000円前後です。お店やコースによっても値段は変わるため、事前に確認してみてください。

トイレシートやトイレクリーナーなどの日用品には1ヶ月で2,000~3,000円ほどかかります。こういったものを合計すると、1ヶ月にかかる値段は30,000円前後になるでしょう。

狼犬を飼育する際の注意点

次のページ:オオカミをペットにするのは無理でもルールを守れば狼犬は可能

初回公開日:2022年12月01日

記載されている内容は2022年12月01日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related