Search

検索したいワードを入力してください

ゾウガメの種類と値段|飼育方法や販売価格についても紹介!

更新日:2022年08月16日

ゾウガメにはどういった種類があり、どのくらいの値段なのでしょうか。この記事ではゾウガメについて餌や小屋などの飼育に必要となるものや、ゾウガメの販売価格について詳しく解説しています。ゾウガメを飼育してみたい方は、ぜひチェックしてみて下さい。

ゾウガメの種類と値段|飼育方法や販売価格についても紹介!
「ペットでゾウガメを飼おうと思うけど、どういったことに気を付ければいいの?」
「ゾウガメって、どんな種類がいるのかな。ペットショップで買えるの?」
「ゾウガメって、いくらぐらいで売っているんだろう。寿命はどれくらいかな?」
ゾウガメをペットとして飼うとなると、さまざまなことが気にかかるのではないでしょうか。

この記事では、ゾウガメをペットとして飼う魅力やゾウガメの種類、入手方法や販売価格などについて紹介しています。

また、ゾウガメの飼育方法として、餌や飼育に適した温度や湿度、散歩や飼育環境についても具体的な例を挙げて解説しています。

記事を読めば、ゾウガメを飼う際の知識を多く得ることができるでしょう。

ゾウガメをペットとして飼ってみたい方は、飼育方法や販売価格など、ぜひ参考にしてみて下さい。

ゾウガメが持つ魅力とは

ゾウガメは人に馴れやすいことから、コミュニケーションを取りながらペットと過ごしたい方におすすめです。さらに自然界において、天敵がいないために他の動物を怖がりません。

小さなリクガメなどでは、飼育するときの温度や湿度に気を使う必要がありますが、ゾウガメは体力があり、温度や湿度に関して神経質になる必要がない、という点も利点です。

ゾウガメの特徴

ゾウガメの特徴といえば、その大きさでしょう。街中で散歩をしている様子をメディア等で取り上げられているのを、目にすることもあるのではないでしょうか。

ここでは他にも生息地や寿命など、ゾウガメの特徴について解説していきます。

大きさ

ゾウガメと呼ばれるのは、甲羅の長さが1mを超えるリクガメで、肉食獣に捕食されない太平洋やインド洋の島々で独自の進化を歩んだものとされています。

ゾウガメの一種であるガラパゴスゾウガメでは、甲羅の長さがおよそ1mから1m30cm、体重も最大およそ270kgとなります。

生息地

現在ゾウガメが生息している場所は、ガラパゴスゾウガメのいる太平洋のガラパゴス諸島と、アルダブラゾウガメのいるインド洋のアルダブラ島の2つの地域のみです。これは、大航海時代に船員が食料としてゾウガメを捕食し、肉を食べたためで、多くのゾウガメの種が絶滅してしまっています。

寿命について

ゾウガメは100年を超える寿命とされており、特に大型になるほど寿命が長いといわれています。飼育の環境が衛生的で栄養バランスが考えられた食事を与えられている場合は、より長寿になるでしょう。但し、誤った飼育がされている場合は、寿命が短くなる可能性もあります。

ゾウガメの種類

リクガメ科リクガメ属に属するカメの中で、大型のもの数種類を表す総称がゾウガメで、ゾウのような固い皮膚から名づけられたものです。

そのゾウガメの中には、アルダブラゾウガメとガラパゴスゾウガメの2種類が存在します。ゾウガメは大航海時代に肉を食べるために乱獲され、数を減らしてしまいました。2種類のゾウガメについて、詳しく紹介していきましょう。

アルダブラゾウガメ

アルダブラゾウガメは、大きい個体だと200kg程度の体重となる、大きなリクガメです。活動時間は明け方と夕方で、昼間は日陰で泥や水を浴びながら過ごしています。

アルダブラゾウガメの幼体の甲羅の色は、茶色みがかっていますが、成長していくと黒一色に変化します。

ガラパゴスゾウガメ

ガラパゴスゾウガメは、さらに大きいゾウガメで、大きい個体だと300kgを超える巨大なリクガメです。ガラパゴス諸島の島ごとに、甲羅の形が違う亜種がいるのが特徴です。

人間の乱獲により、絶滅の危機にあるいくつかの種がありました。しかしながら、保護活動がなされたことにより、個体数自体は増加してきています。
次のページ:ゾウガメの入手方法と販売価格

初回公開日:2022年08月16日

記載されている内容は2022年08月16日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related