Search

検索したいワードを入力してください

カワウソの飼育方法・値段・臭い|ブログ/飼育員/水/プール

更新日:2020年08月08日

愛らしいしぐさと顔が可愛いと話題を呼び始めているペット、コツメカワウソ!コツメカワウソは飼育が難しい印象がありますが、本当なのでしょうか?実は飼育は思っているより難しくありません!今回はコツメカワウソの飼育のコツをご紹介します。

カワウソの飼育方法・値段・臭い|ブログ/飼育員/水/プール

カワウソの特徴

最近ペットとして知られているカワウソは、東南アジアの川辺に生息しているコツメカワウソという種類です。前足に小さなツメが生えていることから名づけられました。体重は3~5kg、体長は50cmほどですが、寿命は10~15年ほどと、犬や猫と同じくらい生きます。

夜行性ではないので、人間と同じ生活リズムで飼育することができます。ハムスターのように夜中に動き回ってうるさくなる心配がありません。

飼育員さんにじゃれる姿が可愛いカワウソ

飼育されているカワウソを今すぐ見られる場所と言えば、動物園です。日本各地の動物園でコツメカワウソが飼育されていますが、お世話をしてくれる飼育員さんにじゃれていたり、餌の時間に鳴き声をあげてアピールしている姿がとても可愛らしいです。

カワウソはコミュニケーションをとるのが上手な動物で、遊ぶのが大好きです。飼育員さんとの信頼関係から成り立つこの姿を見て、カワウソって可愛い、飼いたいとおもった人も多いでしょう。

カワウソの飼育方法

餌は何をあげるの?

カワウソはフェレットに近い動物なので、フェレット用のフードをメインにあげましょう。それと合わせ、以下のさまざまな餌を組み合わせ、バランスの良いご飯を与えましょう。
・ドックフード
・キャットフード
・新鮮な魚介類
・エビやカニ

1日に与える餌の量は、体重の15%ほどにとどめることが大切です。それ以上与えると、肥満の原因になります。魚の骨や甲殻類の殻も噛み砕いて食べるため、そのまま与えて大丈夫です。また、できればドジョウやカエルなどの生餌をプールに放ち、捕まえさせるようにすると良いです。カワウソにとって良い運動と遊びになります。

飲み水は用意するべき?

水浴びする環境のほかに、飲み水も必要です。犬や猫と同じように、お皿に入れた水を用意してあげましょう。じゃれてこぼれてしまった時のために、ケージにタオルを敷くのがです。現在Twitterで話題を呼んでいるカワウソちぃたんが、用意された水を飲むのが下手すぎる、でも可愛いとを博しています。

プールはいるの?

カワウソは川辺に生息する動物で、泳ぎが得意です。そのため、泳いで遊ばせないとストレスが溜まったり、運動不足になったりしてしまいます。そこで、子供用のビニールプールか、お風呂場に水を張って毎日泳がせてあげましょう。

お風呂の残り湯でも大丈夫ですが、暖かすぎてはいけません。また、本来野生では冷たい水のある環境に棲んでいるので、終わりの時に冷たい水で体を冷やしてあげましょう。

遊んであげましょう

カワウソは家族で暮らす動物で、遊ぶことが大好きです。そのため、毎日1時間ほど遊んであげましょう。カワウソのストレス発散や運動不足の解消になりますし、カワウソが可愛くじゃれてくる姿にこちらも癒されます。

また、おもちゃを与えるとよく遊ぶので、留守番させる際も退屈せずに済みます。人間の子供用の知育玩具で遊んでいる様子が動画としてアップされています。

カワウソを飼育するための予算

次のページ:カワウソを飼育すると部屋が臭い?

初回公開日:2017年11月03日

記載されている内容は2017年11月03日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related