Search

検索したいワードを入力してください

ペンギンは生体販売している?販売価格とペットとしての飼育方法

更新日:2022年08月05日

水族館などでお馴染みの、可愛らしいペンギン。家でペットとして育ててみたい、と思ったことのある人もいるのではないでしょうか。実際に飼育するとなると、どんなことに気を付けなければならないのでしょうか。この記事ではそんなペンギンの飼育について紹介します。

ペンギンは生体販売している?販売価格とペットとしての飼育方法
「ペンギンって家でペットとして飼うことはできるのかな。」
「可愛いペンギンと一緒にすごせたらいいな。」
などと、可愛いペンギンに癒しを求める人もいるのではないでしょうか。

水族館などで人気者のペンギンですが、家でペットとして迎え入れたいと思った時に、ペンギンの生体販売について疑問に思うこともありますよね。

この記事では、ペンギンの生体販売についてや飼育方法などについて紹介しています。実はペンギンを飼育するには、注意しなければいけないことがたくさんあります。

この記事を読むことで、ペンギンをペットとして迎え入れる為に必要な飼育環境や飼育にかかる費用などを知ることができます。

可愛いだけではないペンギンの困った部分なども紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ペンギンは生体販売しているのか?

ペンギンは生体販売されており、ペットとして自宅で飼育することは可能です。

ただし、よく水族館などで目にすることのあるフンボルトペンギンとケープペンギンの2種類は、ワシントン条約により輸入が厳しく規制されているため、生息地から持ち込むことができません。

生体販売しているペンギンの種類

フンボルトペンギンとケープペンギン以外のペンギンのほとんどは、輸入などで生体販売されています。

ただし、フンボルトペンギンとケープペンギンも、国内で繁殖した個体に関しては、生体販売されていることがあります。

他にも絶滅危惧種に指定されている場合などは、輸入の許可がおりないこともあります。

ペンギンの販売価格

ペンギンは生体販売されているので購入することは可能ですが、かなり高額な生き物です。

種類によって値段は異なりますが、安価な場合でも70万円以上します。キングペンギンでは200万円から300万円程度、特に繁殖の難しい皇帝ペンギンでは1,000万円を超えることもあります。

ペンギンの飼い方

ペンギンを飼うための、ポイントはいくつかあります。

ペンギンの泳ぐ場所や、餌の量など、しっかりとした環境を整えてあげることが大切です。

この記事では、そんなペンギンを飼うために必要な環境について紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

ペンギンの飼育にかかる費用

ペンギンの飼育の費用で一番かかるのは、餌代です。

毎日、自分の体の10%ほどの量の魚を食べます。体重が10kgのペンギンだと、1日1kgの魚が必要になりますね。餌の魚だけで、月に数万円以上の費用がかかり、個体が大きくなればなるほど食べる量も増えるので、餌だけで十万円以上かかることもあります。

他には、海水を作る為の塩などの金額を考えると、1か月の飼育にかかる費用として十数万円は必要です。

餌について

ペンギンの餌は、魚(ニシン、イワシなど)、甲殻類(エビ、オキアミなど)や頭足類(イカ、タコなど)が、ペンギンの餌になります。

生の魚をあげてもいいのですが、水族館などでは一度冷凍された魚を解凍してからあげることで、寄生虫の対策をしています。

ペンギンに餌をあげるときは、必ず魚の頭から飲み込むようにしましょう。ヒレやウロコが喉に引っかかるのを防ぐためです。

散歩について

次のページ:ペンギンを飼うときに注意すべきこと

初回公開日:2022年08月05日

記載されている内容は2022年08月05日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related