Search

検索したいワードを入力してください

カマキリの餌は何をあげたらいいの?飼い方や餌やりの方法を紹介

更新日:2020年08月08日

カマキリは必ずしも、生きている昆虫や小動物だけを捕食するわけではありません。人間が食べるような物でも自由に与えることができますが、添加物には注意しましょう。人間のように好き嫌いがないため、餌に困った場合においては市販のソーセージやハムでも喜んで食べてくれます。

カマキリの餌は何をあげたらいいの?飼い方や餌やりの方法を紹介

カマキリの生態とは?

カマキリは鎌のような前足で相手を攻撃し、餌を狩る姿はカッコいいと言うことからが高いです。

カッコいい見た目から多くの人を魅了するため、ペットとして昔から飼育されている傾向にあります。

カマキリを飼育する際に、餌や準備する物がわからない人が多いでしょう。この記事では、カマキリを飼育する際の注意点や、餌の与え方を詳しく紹介します。

生息場所

カマキリは主に、田畑や草地に生息します。そこには小動物や虫などの餌となる生物が存在するため、カマキリにとっては絶好の場所です。

カマキリを飼育するには、虫かごが必要です。ホームセンターなどで販売されているケースなどで十分で、一緒に土や観葉植物を設置するとカマキリにとって居心地が良くなります。

ただ成虫の寿命は数か月なので、こだわりは好みの問題です。装飾品は道端に落ちている枝などで十分です。

カマキリの種類

カマキリには多くの種類があります。オオカマキリは日本のカマキリで最大のサイズで、後ろ翅の付け根が紫になっているところがポイントです。

チョウセンカマキリは日本だけでなく、朝鮮や中国などにも生息している種類です。オオカマキリととても似ていますが、後ろ翅が透明になっています。

コカマキリは褐色の小さい個体で、ハラビロカマキリは腹部が平たくなっています。

寿命

一般的なカマキリの寿命は約半年なので、あまり長くはありません。多くの人が、カマキリのメスは交尾中もしくは交尾後にオスを捕食するという話を聞いたことがあるでしょう。

捕食の話は事実ですが、捕食しなかった場合もメスはオスよりも長生きする傾向にあります。しかし個体差があるため、一概に必ずメスが長生きするとは断言できません。

中には10ヶ月ほど生きる個体もいれば、逆に4ヶ月ほどまでの個体もいます。

オスとメスの違い

カマキリのオスとメスの違いは、腹部が大きめの個体がメス、少し痩せているように見えるのがオスです。

しかし腹部の大きさだけでは見間違う場合があるため、臀部にある触角のような機関に注目しましょう。管のような物が2本付いているのがメスで、4つの短い管の個体がオスです。

メスは音などの空気を察知するために使用し、産卵にも使用します。

カマキリの餌は何をあげたらいいの?

ほとんどの人が、カマキリは生きている昆虫を捕食するイメージを抱いていますが、野生のカマキリは実際に、蝶やコオロギ、バッタなどの昆虫を餌として捕食します。

しかし自然界の餌に寄生虫が住み着いている場合は、カマキリにも感染するリスクがあるため、ペットとして飼う場合は飼育用の餌がです。

ここからは、カマキリの餌について詳しく見ていきましょう。

カマキリの餌1:コオロギ

カマキリは自然界では最強の生物だと言われており、気性が荒い性格が特徴的な肉食昆虫です。生きているコオロギやバッタに留まらず、ハチやカエルなども捕食します。

自分の体格より小さく、鎌で仕留められるサイズの生物は基本的に餌として捕食します。相手が必死に抵抗しても、腕力が強いため逃げることはできないでしょう。

またカマキリの世界には共食いがあるため、同じ虫かごの中では絶対に飼育してはいけません。

カマキリの餌2:蝶々

カマキリも人間と同じく、水や餌を摂取して生活します。餌は自分の体より大きくない餌であれば、蝶やイナゴ、蜘蛛の色々な物を食べてくれるでしょう。

しかし自分の体より大きい昆虫や小動物を与えた場合は、逆に食べられてしまうことがあるので与えてはいけません。

水分に関しては捕食先の餌から得ることがほとんどですが、水を直接飲みに行く場合もあります。
次のページ:カマキリに餌をあげる方法・対処法

初回公開日:2019年09月19日

記載されている内容は2019年09月19日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related