Search

検索したいワードを入力してください

ジャンボキンカチョウってどんな鳥?飼育する際に準備するものも紹介

更新日:2022年09月23日

ジャンボキンカチョウは、どういった特徴をもつ鳥なのでしょうか。本記事では、キンカチョウの特徴や種類、飼育方法、必要な飼育用品について紹介します。ジャンボキンカチョウの飼育について知りたいという人は、ぜひチェックしてください。

ジャンボキンカチョウってどんな鳥?飼育する際に準備するものも紹介
「ジャンボキンカチョウってどんな鳥なの?」
「キンカチョウを飼育するにはどんなアイテムが必要?」
「キンカチョウを飼育する時はどんなことに気をつけたら良い?」
このように、ジャンボキンカチョウの飼育を考えると、様々な疑問や悩みが浮かんでくるのではないでしょうか。

この記事では、キンカチョウの特徴や生態、ジャンボキンカチョウをはじめとする種類、必要な飼育用品などを紹介しています。

この記事を読むことで、ジャンボキンカチョウに関する知識を得ることができます。その知識を活かすことで、キンカチョウの飼育が初めての人でも安心して飼育に挑戦できるようになるでしょう。

ジャンボキンカチョウの飼育に興味がある人は、ぜひこの記事をチェックしてください。

キンカチョウってどんな鳥?

キンカチョウはスズメの仲間で、スズメ目カエデチョウ科に分類される鳥です。大きさもスズメのように小さく、体長は10cmほど、体重は12~15gほどにしかなりません。

キンカチョウの中に、ジャンボキンカチョウという種類がいます。ジャンボキンカチョウは少し大きめのサイズで、体長は13~14cmほど、体重は20~24gほどです。

キンカチョウの性格や鳴き声

キンカチョウは温和な性格であることが多いです。また、臆病で繊細な面ももっています。

鳴き声は「プープー」「ミーミー」といった声で、とても特徴的です。よく鳴きますが、大きな声で騒ぐことはありません。

キンカチョウの平均寿命

野生下での寿命は5年ほどです。飼育下では長生きをしてくれることが多く、5~10年ほどが寿命になります。長生きの個体の場合には、それ以上長く生きてくれる場合もあるでしょう。

キンカチョウの価格相場

キンカチョウは1,500~4,000円ほどで購入することができます。価格は種類によって異なり、珍しい種類やカラーになるとそれ以上の高額になるでしょう。

つがいで販売されている場合も多いです。種類にもよりますが、7,000円ほどで購入できます。

キンカチョウの成鳥と幼鳥の見分け方

キンカチョウの成鳥と幼鳥では、体の模様が異なります。幼鳥の間は模様がはっきりとしていませんが、成鳥になるにつれて模様がはっきりと出てくるようになるのです。

キンカチョウの雄と雌の見分け方

雄と雌は、体の模様や色によって判断することができます。しかし、種類によっては見分けることが難しい場合があります。

ノーマルのキンカチョウであれば、全体的に鮮やかな方が雄で、地味な方が雌です。雄は胸元に縞模様があり、頬がオレンジ色をしています。嘴と脚の色も鮮やかです。

キンカチョウの種類について

キンカチョウの種類は豊富です。それぞれが異なる色や模様をもっており、どの種類にも違った魅力があります。

ここでは、数多くの種類の中から代表的なものを紹介します。ぜひ自分の好みに合った種類を探してみてください。

ノーマルパイド

ノーマルパイドは、ノーマルに色素の働きを抑えるパイド遺伝子が加わった種類です。基本はノーマルのカラーで、顎や嘴の上などの部分に不規則に白色が出てきます。全体的に白色の部分が多い品種です。
次のページ:キンカチョウを飼育する際に準備するもの

初回公開日:2022年09月23日

記載されている内容は2022年09月23日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related