Search

検索したいワードを入力してください

ペットの犬vs猫どっちが強い?犬と猫を仲良く飼うための注意点

更新日:2020年09月20日

ペットの犬vs猫、果たしてどちらが強いのでしょうか?それぞれの歯の本数・筋力・噛む力・機動力を比べてみました。また、犬と猫を仲良く一緒に飼うためにはどうすればいいのか、知っておいたほうがいい犬と猫それぞれの生態の違いと、犬と猫を飼う時のコツについて調べました。

ペットの犬vs猫どっちが強い?犬と猫を仲良く飼うための注意点

犬vs猫どっちが強い?

ペットの犬vs猫どっちが強い?犬と猫を仲良く飼うための注意点
犬vs猫はペットの代表格としてよく議論にのぼります。動物好きな方にとっては犬vs猫のような、動物の喧嘩はあまりしてほしくないことですが。

しかし、『犬vs猫、どちらがどんな方面でどれくらい強いのか?』と考えると、思わず知りたくなってしまいませんか?

動物対決シリーズとして、犬vs猫の基本的な能力について調べてみました。

歯の多さ

・犬:計42本
・猫:計30本

犬は改良されている品種も多いので、42本に足りない犬も多いようですが、本数に関してだけ言えば犬のほうがはるかに多いです。犬vs猫、歯の本数対決では犬の勝ちです。

ただ、犬と猫では歯の形や顎の形がまるで違うので、本数だけでは噛む力の強さはすべて測れません。

筋力

筋力と言っても色々あるので、ここでは引っ張る力がどれくらいかを筋力の基準にしましょう。結論から言うと、犬vs猫では犬の勝ちと言っていいでしょう。

小型犬や中型犬は成人男性との引っ張り合いでも、なかなかいい勝負を見せます(負けますが)。そして、大型犬や超大型犬だと成人男性との引っ張り合いに勝つことがあります。

超大型犬に当たるのは、40kg以上の犬種で、セントバーナード(アルプスのハイジに出てくる犬)、土佐犬、秋田犬などです。

そして猫ですが、ハーネスなどで散歩に連れられていく猫の例をいくつか調べたところ、どうしてもという時は人間の女性でも引きずって連れて行くことが可能でした。

筋力対決の犬vs猫は犬の勝ちと言っていいでしょう。

噛む力

これも、犬vs猫で犬の勝ちです。犬の噛む力は、犬の大きさによるのですが、

・小型犬:100kg
・中型犬:100~160k(ビーグル、ブルドッグ、ボーダーコリー、柴犬などが中型犬に当たります)
・大型犬:200kg(ラブラドール・レトリバー、紀州犬、ドーベルマン、シベリアンハスキーが大型犬に当たります)

となります。

対して、猫の噛む力は100kgとなります。犬vs猫を実地しても、小型犬にしか太刀打ちできないので、この対決は犬の大勝です。

機動力

これは犬vs猫で猫の勝ちです。

犬のジャンプで最大の長さのものは、グレイハウンドという犬種が達成した172.2cmですが、これは大型犬です。体の大きさを加味したほうがいいでしょう。

対して、普通の猫は体高の約5倍の高さを飛べます。普通の猫の体高で25~30cm程なので、1.25~1.5mです。

強調しますが、ごく普通の猫で1.25~1.5mです。運動神経のいい猫や、大柄で筋肉質な猫だと、男性の平均身長(170.7cm)は軽く飛び越えます。

というわけで、犬vs猫は、犬4勝1敗、猫1勝4敗の結果となりました。

しかし、実際に両者を対決させてみたら、犬は純粋な力その他では勝てるものの、猫は高いところさえあればすぐさま高いところへ避難してしまい、犬vs猫どころか、犬と猫の喧嘩や取っ組み合い自体がナシになってしまうでしょう。

犬と猫の違い

犬と猫はコンパニオンアニマルとして人間と常にともにあり、そのため犬vs猫として議論や比較されることも多い動物ですが、両者の生態は意外と異なります。

犬と猫、どこがどのように異なるのでしょうか?
次のページ:犬と猫の違い1:犬は平原のハンター猫は森林のハンター

初回公開日:2019年08月21日

記載されている内容は2019年08月21日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related