Search

検索したいワードを入力してください

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!

世界各国で交配、作出されてきた犬種。その中には、寒さに強い犬種もいれば弱い犬種もいます。寒さに強い犬種とは、どのような歴史を持つ犬種でしょうか。代表的な12種と、その性格や特徴、飼い方や飼育費用などについてまとめてみました。

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!

寒さに強い犬種とは?

犬にとっての被毛は、私たち人間にとっての衣服のようなものです。

気温が高い時期に愛犬のトリミングで「サマーカット」といって毛を短くしてもらったことのある人も多いのではないでしょうか。

このことからも分かるように、被毛が短く少ないと、寒さに弱く暑さに強い犬になります。逆に、被毛が多ければ多いほど、暑さに弱く寒さに強い犬になります。

つまり、寒さに強い犬種とは、被毛が豊かで長い犬種のことです。

寒さに強い犬種1:シベリアンハスキー

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
犬ぞりの犬として有名なシベリアンハスキーは、シベリア地方からカナダ北極圏にかけてのツンドラ地帯が原産の大型犬。寒さに強い犬種の代表格ともいえます。

シベリアンハスキーは、遊び好きで飼い主に従順な性格です。社交的で穏やかなため、番犬には向きません。

シベリアンハスキーは所属集団を離れるのをとても嫌がるため、室内飼いが推奨されています。また、運動量も必要で、運動できないとストレスが溜まってしまいます。
初期費用継続費用/1年寿命手間
10~30万円25万12年1~2時間の散歩を1日2回/1週間に2~3回のブラッシング

シベリアンハスキーの特徴

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
体高はオスが53.5~60cm、メスが50.5~56cm。体重はオスが20.5~28kg、メスが15.5~23kgとされています。

分厚いダブルコートの被毛を持ち、マイナス50℃にも耐えられるほど寒さに強い犬種です。

瞳はブルーが一般的で、オッドアイの個体も多くいます。

寒さに強い犬種2:セントバーナード

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
セントバーナードは、ローマ帝国の軍用犬・モロシア犬を祖先に持つ、スイス原産の寒さに強い犬種です。山間部の僧院で護衛犬・救助犬として育てられていて、雪山で遭難者の救助にあたっていました。

深い雪山を進むのに適した体力があり、寒さに強い犬種です。がっしりとした骨格と筋肉、厚い被毛があり、寒さに強い犬種としての条件が揃っています。

温和でおっとりした性格で、自身で考え動く、責任感の強い犬種です。
初期費用継続費用/1年寿命手間
15〜30万円31万7〜8年1日1時間の散歩/1週間に3回以上のブラッシング

セントバーナードの特徴

セントバーナードの体高はオスが70~90cm、メスが65~80cm。体重は50kgを最低とし、100kg以上の個体も少なくありません。

被毛は密集型のダブルコートで、スムースとロングがあります。カラーはホワイトにブランケットやタンなど種類は豊富です。

寒さに強い犬種3:サモエド

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
サモエドは、ロシア北部からシベリアに住むサモエド族が、狼からトナカイを守るために使役していた犬種です。保温性が高い被毛を持ち、寒さに強い犬種でもあります。

寒さに強い犬種ですが、暑さに弱い犬種のため、日本での飼育においては温度管理が必須です。

性格は温厚で社交的。護衛犬や番犬には不向きです。また、落ち着きがあり辛抱強く、子どもの相手もできます。
初期保養継続費用/1年寿命手間
15~45万円24万12年1時間以上の散歩を1日2回/1週間に2、3回のブラッシング・

サモエドの特徴

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
長いコートと密集したアンダーコートのダブルコートで、寒さに強い犬種です。

サモエドの体高は、オスで57cm、メスで53cm程度。体重はオスで23~30㎏、メスは16~20㎏が理想です。

交配を重ねた結果、現在ではピュアホワイト、クリーム、ホワイトビスケット以外のカラーは姿を消しました。

寒さに強い犬種4:柴犬

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
日本原産で、天然記念物でもある柴犬。他の日本犬同様、主人にのみ忠実で他には懐かない個体が多いです。

柴犬は愛玩犬でなく猟犬であり、警戒心が強く、自身で考え行動する犬種です。

柴犬は、寒さに強い犬種です。柴犬が作出された頃の日本は現在より寒かったため、現代日本の気候は柴犬には合っていません。

そのため、現代において柴犬は暑さに弱く、寒さに強い犬種との1つとして数えられています。
初期費用継続費用/1年寿命手間
17万15万11〜15年1日30分の散歩/1週間に2〜3回のブラッシング

柴犬の特徴

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
体高はオスで39.5cm、メスで36.5cmがスタンダード。体重は9kg前後と小柄で、骨格がしっかりしています。尻尾は巻尾です。

被毛は短毛のダブルコートで寒さに強い犬種です。カラーは赤毛が最も一般的で、黒は珍しく、白は存在しますがスタンダードとして認められていません。胡麻はとても貴重です。

寒さに強い犬種5:ゴールデンレトリーバー

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
ゴールデンレトリーバーには、イングリッシュゴールデンとアメリカンゴールデンがいます。日本でよく見るのはアメリカンゴールデンです。

性格は賢く穏やか。快活でフレンドリーなため、番犬には不向きです。忠誠心が厚くしつけがしやすいため、介助犬や警察犬、盲導犬として多く見られます。また、競技会でも好成績を残せる犬種です。

ハンターが撃ち落した水鳥を回収する役割の猟犬であるため、泳ぎが得意です。
初期費用継続費用/1年寿命手間
5~30万15万12年30分程度の散歩を1日2回/1日2回のブラッシング

ゴールデンレトリーバーの特徴

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
ゴールデンレトリーバーの体高は、オスが体高58~61cm、メスが54~57cm。体重はオスで29~34kg、メスで24~29kgが標準です。

被毛はダブルコートで、防水性が高く、寒さをしのぐ役割を果たしています。カラーはゴールデンかクリームのみが許容され、ホワイトは胸元のみの許容です。

寒さに強い犬種6:ラブラドールレトリーバー

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
カナダ原産の犬種・セントジョンズレトリーバーの改良種がラブラドールレトリーバーです。イングリッシュタイプとアメリカンタイプに分かれます。

ラブラドールレトリーバーは、イギリス原産の寒さに強い犬種です。水鳥用の鳥猟犬であるため、足に水かきがついていて、泳ぎが得意な犬種でもあります。

性格は優しく穏やか。知性と順応性が高いので、しつけがしやすいです。社交性が高いため、番犬には不向きです。
初期費用継続費用/1年寿命手間
10~15万17万10~14年30分の散歩を1日2回/毎日のブラッシング

ラブラドールレトリーバーの特徴

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
体高はオスで56~57cm、メスで54~56cm。体重は25~35kgが理想とされています。

ラブラドールレトリーバーの被毛はダブルコートで、寒さに強い犬種です。被毛は短く、防水効果があります。カラーはブラック・イエロー・チョコです。

寒さに強い犬種7:コーギー

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
コーギーには、ウェルシュコーギーペンブロークとウェルシュコーギーカーディガンがいます。日本においてコーギーといえば、一般的にウェルシュコーギーペンブロークの方でしょう。

コーギーは、胴長短足の犬種で、牧羊犬です。イギリスのウェールズ原産で、イギリス王室の犬として知られています。

性格は活発で賢く、好奇心旺盛。鳴き声が大きく警戒心が強いため番犬に向いています。
初期費用継続費用/1年寿命手間
13~25万8万11~14年30~1時間の散歩を1日2回/毎日のブラッシング

コーギーの特徴

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
被毛はダブルコートで抜け毛が多いです。カラーはレッド、セーブル、ブラックタン、フォーンがあります。

コーギーの原産地であるウェールズ地方は、夏の気温は20℃前後。寒さに強い犬種である反面、日本の暑さには弱い犬種ということになります。

コーギーの体高は25~30cmが理想とされ、体重は11~14kgです。

寒さに強い犬種8:アスカランマラミュート

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
アメリカン・エスキモーのマラミュート族がそり引きや狩猟に使役していた犬種で、アラスカ西部が原産の大型犬です。

抜群のスタミナを持ち、遊び好きで運動が必要な犬種です。性格は温厚で集団生活に向いていますが、知らない存在に対しては攻撃的になります。

また、遠吠えや穴掘りの習性もあります。寒さに強い犬種なので冬でも屋外で過ごせますが、夏は涼しい室内に入れましょう。
初期費用継続費用/1年寿命手間
20~100万38万11年1時間の散歩を1日2回/1週間に2~3回のブラッシング

アスカランマラミュートの特徴

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
アラスカンマラミュートの被毛はダブルコート。極寒の地方原産だけあって、全身ふさふさで寒さに強い犬種となっています。


被毛カラーはホワイトとその他のカラーの2色が一般的ですが、ホワイト単色の個体もいます。

体高はオスで63.5cm、メスで58.5cm。体重はオスで38kg、メスで34kgが理想です。がっしりしたパワフルな犬種です。

寒さに強い犬種9:グレートピレネーズ

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
「ピレネー犬」とも呼ばれるグレートピレネーズ。フランス・ピレネー山脈に生息し、狼やクマとも戦える大型の使役犬です。

優雅な外見に反して、性格は勇猛果敢。独立心が強いため、自身で考え動くことも多い犬種です。警戒心が強いので、番犬向きの犬種でもあります。

グレートピレネーズの特徴として、他の犬種では前足にある狼爪が後ろ足にあります。
初期費用継続費用/1年寿命手間
20万31万11年1日2時間の散歩/毎日のブラッシング

グレートピレネーズの特徴

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
体高はオスで70~80cm、メスで65~75cm。体重は50kg~60kgにもなります。がっしりした体格の大型犬です。

被毛はふわふわの分厚いダブルコートで、寒さに強い犬種です。表面は雪や水を弾くためにゴワゴワした手触りです。

カラーはホワイトが一般的ですが、斑点が見られる個体もいます。

寒さに強い犬種10:秋田犬

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
秋田犬は日本の天然記念物。秋田県の熊の猟師が飼っていた犬種・秋田マタギが祖先です。闘犬に出すため、強く大きく品種改良されました。

性格は、飼い主に忠実で勇猛ですが、頑固で飼い主以外には攻撃性を見せます。愛玩犬や家庭犬ではなく、番犬や護衛犬、猟犬の面を強く持っている犬種です。

繊細で物音が苦手なため、驚かせないようにしましょう。
初期費用継続費用/1年寿命手間
10万42万10年1時間の散歩を1日2回/1週間に2回のブラッシング

秋田犬の特徴

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
体高はオスが64~71cm程度、メスは58~66cm。体重はオスが39~59kg、メスは27~50kgが理想とされています。肉付きが良く、がっしりした体つきをしています。尻尾は巻尾です。

被毛はダブルコートで、寒さに強い犬種です。と同時に、暑さには弱いので、温度管理は徹底しましょう。

寒さに強い犬種11:バーニーズマウンテンドッグ

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
バーニーズマウンテンドッグは、スイス原産の犬種です。アルプス地方で作出された犬種なので、アルプス山脈の寒さに耐えられるほど、寒さに強い犬種です。

頑丈な体つきで、牧畜犬や護衛犬、運搬のための荷車を引くことにも使役されていました。先祖はマスティフ種だといわれています。

性格は温和で落ち着いています。人が好きですが、知らない人には懐きませんので、番犬向きです。
初期費用継続費用/1年寿命手間
15~25万30万7~8年毎日の散歩/毎日のブラッシング

バーニーズマウンテンドッグの特徴

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
バーニーズマウンテンドッグの体高は、オスが64~70cm、メスが58~66cm。体重は36~45kgの大型犬です。

被毛は長く、直毛またはゆるいウェーブがかかっています。ダブルコートで、寒さに強い犬種である反面、暑さには弱い犬種です。カラーはブラック、ホワイト、タンのみとされています。

寒さに強い犬種12:日本スピッツ

日本スピッツは、日本原産の犬種です。尻尾に飾り毛があり、全体的にふわふわしています。

性格は活発で遊び好き、好奇心が強く警戒心も強いです。無駄吠えする犬・煩い犬というイメージがありますが、品種改良の結果、無駄吠えしない個体が増えています。また、警戒心が強いという性質から、室内飼育なら吠えないと言われています。
初期費用継続費用/1年寿命手間
16万12万11〜13年30分以上の散歩を1日2回/1週間に3〜4回のブラッシング

日本スピッツの特徴

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
日本スピッツの体高はオス30~38cmで、メスはやや小さめが理想です。体重は9~11kgです。小型犬の中では大きい方です。

日本スピッツは、被毛が厚く、寒さに強い犬種です。日本原産の犬種ですが、現代の日本の気候には合っていないので、温度調節は徹底しましょう。カラーは純白のみです。

寒さに強い犬種にも個体差がある

寒さに強い犬種12選|犬種別の特徴や詳細について徹底解説!
※画像はイメージです
寒さに強い犬種は、寒い地方原産の犬であることが多いです。寒い地方で作出された犬は、その地で健康に生きていけるよう、保温効果のある豊かな被毛や、雪を弾く被毛を持っています。

同時に、寒さに強い犬種は暑さに弱いです。

また、被毛のカットや個体の好みもありますので、上記の種類すべてが寒さに強い犬というわけではありません。人間と同じく、犬にも個体差があるということは覚えておきましょう。

Related