Search

検索したいワードを入力してください

ペンギンはペットとして飼えるのか・値段の相場とクリニック

初回公開日:2017年10月28日

更新日:2020年09月28日

記載されている内容は2017年10月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。

また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

二本足でちょこちょこと歩く姿が可愛らしいペンギンですが、稀に個人がペットとして飼っているという話が聞かれます。ペンギンをペットとして飼うには、どのような方法があるのでしょうか。今回は、ペンギンを個人で買うことができるのか、入手法や値段などをご紹介します。

ペンギンはペットとして飼えるのか・値段の相場とクリニック

水族館の者・ペンギン

ペンギンは、短い足で歩く姿がとても可愛らしく、水族館や動物園でとてもがあります。近年、ペンギンをペットとして個人が飼っているという話がしばしば聞かれ、テレビ番組にも取り上げられたことがありました。個人でペンギンをペットとして飼うには、どこでペンギンを購入するのでしょうか。また、どのような準備が必要なのでしょうか。

今回は、ペンギンはペットとして自宅でも飼えるのか、値段やクリニック、飼う前に考慮すべき問題などを詳しくご紹介します。

日本でも飼えるペンギンの種類

ペンギンは南極など寒冷地に生息しているイメージを持つ人は多いでしょう。ペンギンは現在18種類ほど(分類法によって種類数が前後する)存在しており、南極をはじめとする寒冷地で生息する種類のほか、南米や南アフリカ、オーストラリアやニュージーランドなどの温暖な地域で生息しているペンギンもいます。日本でペットとしてペンギンを買うのであれば、夏の暑さにも耐えられる種類を選ぶのが望ましいです。

以上のことを考慮すると、日本でペットとして飼うのであれば、キングペンギン、コガタペンギンが適しています。

キングペンギン

キングペンギンは南大西洋、インド洋の島で生息するペンギンです。体調は85〜90センチの大型のペンギンで、ペンギンの中では二番目に大きな種類です。潜水を得意とするペンギンで、300メートルほどの潜水記録も持っています。縄張り意識が強く、集団繁殖地(コロニー)で同種同士争うことがありますが、他の種類のペンギンと遭遇しても避けて歩いたり、攻撃をしないので、比較的穏やかな性格をしているので、大型ですがペットとして飼いやすい種類です。

コガタペンギン

コガタペンギンはオーストラリア南部やニュージーランドに生息しています。世界最小のペンギンと言われ、リトルペンギン、フェアリーペンギン、コビトペンギンとも呼ばれています。成鳥の体長は40センチ、体重は1キロ程度です。

コガタペンギンは他の種類のペンギンと違い、やや前傾姿勢で歩くため、最も原始的な種類のペンギンと考えられています。小柄なペンギンなので、ペットとして飼いやすい種類と言えます。

日本でペンギンはペットとして許可されているのか

ペンギンの中でもが高いケープペンギンとフンボルトペンギンは、体長約70センチほどの中型のペンギンで、日本の気候にも適応できる種類です。日本の水族館でも多く飼育されている種類なので、目にする機会も多いでしょう。

しかし、この2種類はワシントン条約によって保護されている絶滅危惧種のペンギンです、そのため、この2種類のペンギンに関しては輸入などの商取引が厳しく規制されており、生息地から直接日本に持ち込むことはできません。ただし、日本国内で繁殖した個体を入手することは可能となっています。

それ以外の種類は、輸入して購入することが事実上可能となっていますが、ワシントン条約で保護されていない種類でも、地球の環境変化により個体数が減少しているため、「絶滅危険性を示すレッドリスト」に指定されている場合もあります。ペットとして飼育するには充分な確認が必要です。

ペットのペンギンの値段・価格の相場

ペンギンの値段や相場価格は種類によって違いがありますが、「時価」とされているところがほとんどです。一番安価な場合だと70万以上で、キングペンギンは200〜300万ほどの価格帯で取引されています。繁殖が特に難しいコウテイペンギンは1000万以上の値段がつけられるケースもあります。ペンギンの購入費だけでも数百万単位が必要となるため、ペットとして飼うには充分な考慮が必要です。

飼う前に考慮すべき問題

ペットとしてペンギンを飼う際には、ストレスなく過ごせるよう飼育する環境を整えることが大事です。しかし、個人のペットとしてペンギンを飼うには、さまざまな問題があります。実際にペットとしてペンギンを飼うには、どのような問題を考慮しなければならないのでしょうか。

飼育環境

ペットとしてペンギンを飼うために必要なのが、ペンギンが快適に過ごせる温度を保つことができる部屋が必要となります。また、ストレス解消のためにペンギンが自由に泳ぐことができるスペースも合わせて必要です。プールや池がある環境が望ましいですが、風呂桶や子供用のビニールプールで代用することも可能なので、工夫次第で大きなプールがなくてもペットとしてペンギンを飼うことは可能です。

プールに使用する水は海水を使用するようにし、淡水しか用意できない場合は、塩を入れて海水に近づけるようにしましょう。

エサ

ペンギンは大量の魚を毎日食べます。ペットとしてペンギンを飼う場合、エサの魚をスーパーなどの一般の食料品店で購入することを想定すると、毎月10万円ほど必要になります。動物園や水族館では、鮮魚よりも安価で供給が安定しており、寄生虫の心配もないことから、冷凍の魚をペンギンに与えているところが多いです。業者や卸売市場を利用すれば、さらに費用を安価に抑えることも可能です。

鳴き声

ペンギンの鳴き声は非常に大きく、「ロバのような鳴き声」をしていると言われています。そのため、ペットとして飼う場合、ペンギンの大きな鳴き声によって近隣に迷惑がかかる可能性が高いです。住宅が密集した地域は避け、郊外に引越しをするか、ペットのペンギンのために専用の防音設備を設置するなどの考慮が必要です。

フン

ペットを飼うとき、重視されるのが「トイレのしつけが可能か」という部分です。ペンギンは犬や猫と違ってトイレのしつけをすることができないため、フンを至るところで撒き散らす傾向があります。ペンギンのフンは魚を食べているため、かなりの悪臭が発生します。放置すると、不衛生なだけでなく、近隣からの苦情にもつながる場合もあるので、ペットとしてペンギンを飼う場合は、こまめにフンの片付けを行う必要があります。

フンだけでなく、ペンギン自体にも独特の生臭い匂いがあり、ペットとして連れて歩いた場合、独特の匂いに不快感を示す人もいる可能性があります。

多頭飼い

ペンギンは群れで生活する生き物なので、寂しがり屋な傾向があります。そのため、個人でペットとして飼う場合は、ペンギンが寂しくならないよう飼い主がしっかり構ってあげるか、多頭飼いをする必要があります。また、多頭飼いする場合は、雛が生まれる可能性もあります。雛が生まれた場合、その後のケアができる環境や施設を整える必要があるので、ペットとしてペンギンを多頭飼いするには充分に考慮が必要です。

ペンギンが買えるペットショップ

ペットとしてペンギンを飼う場合、法的には問題ありませんが、最も困難なのが入手方法です。一般的なペットショップやホームセンターではペンギンを販売しているところはとても少ないです。動物園や水族館、研究機関向けの実験動物を取り扱っている販売業者があるので、まずはそのような専門業者に相談してみましょう。

しかし、そのような業者でもペンギンを常に取り扱っている状態ではない場合が多く、予約をしても入手できるまでかなりの期間待つ必要がある可能性もあります。さらに、ペンギンの価格は時価なので、時期によってはかなりの高額になることも考えられます。

ペンギンを捕獲する?

ペンギンはペットとして飼えるのか・値段の相場とクリニック
※画像はイメージです
ケープペンギンとフンボルトペンギンはワシントン条約で規制されている種類なので、商取引に関して厳しく規制がされています。また、絶滅の危険性が高い種類を示した「レッドリスト」に指定されているペンギンもおり、法的な拘束力はないものの、生息地で厳重に保護されているため、ペットとして飼うことは不可能です。

では、絶滅の危険がないヒゲペンギンやキングペンギンをペットにする目的で捕獲する、という極端な話も考えられますが、動物や環境保全を目的とする条約などで保護されているので、個人がペットにする目的で安易にペンギンを捕獲することはできません。

ペットのペンギン用のクリニック

ペンギンが病気になった場合、症状によってはクリニックに連れていって専門的な治療が必要なケースがあります。しかし、一般的な動物病院やペットクリニックは、主に犬や猫を対象にしており、ペンギンを始め、ウサギやハムスターなどの小動物や、「エキゾチックアニマル」と呼ばれる珍しい動物、爬虫類などの治療を行なっているところは非常に少ないです。

もしペットとしてペンギンを飼い、クリニックに連れていく必要が出てきたら、なるべく「エキゾチックアニマル」の診察・治療を行なっている旨を表記したクリニックを選ぶようにしましょう。

その他、治療を受けることはできない可能性がありますが、水族館や動物園などの施設や、ペンギンを学術的に研究している機関や大学などに問い合わせをして、専門家から意見を仰ぐことも方法の一つとして視野に入れておきましょう。

ペットのペンギンに名前

ペット全般に言えることですが、家族の一員として迎えたペットにどのような名前をつけるか非常に悩むでしょう。水族館や動物園のペンギンには、ペンギンの「ペン」の部分にちなんで「ペンタ」「ペンペン」という名前が多く付けられています。語感も可愛らしいので、「ペン」を含む名前はペンギンの名前としてが高いです。

しかし、中にはユニークな名前も多く、すみだ水族館では公募により「わっしょい」という名前が付けられ、一部で話題となりました。京都市水族館では、京都の通りの名称にちなんで「てら(寺町通)」「しじょう(四条通り)」「あね(姉小路通)」という名前が付けられています。多頭飼いをする場合は、このように一羽一羽に関連性の名前をつけるのも良いアイデアの一つです。

個人でペンギンを飼うのは困難

今回は、ペンギンはペットとして自宅でも飼えるのか、値段やクリニックなど、ペンギンを飼う前に考慮すべき問題などを詳しくご紹介しました。いかがでしたでしょうか。

個人でペンギンをペットとして飼うには、入手するハードルが高く、とても高額になります。入手しても、ペンギンがストレスなく過ごせる環境や設備を整えたり、エサを入手したり、近隣の迷惑にならないようフンの掃除や、大きな鳴き声にも配慮する必要があります。二本足で歩く姿が可愛らしいペンギンですが、費用が非常に多くかかり、個人がペットとして飼うには極めて難しい動物です。

ペンギンは水族館や動物園で飼育されているほか、最近はペンギンがいるカフェやバーなどもあり、話題となっています。ペンギンを間近で見られるイベントを開催しているところも多いので、そのようなイベントやプログラムを利用してペンギンに触れ合うのがです。

Related