Search

検索したいワードを入力してください

ペンギンはペットとして飼えるのか・値段の相場とクリニック

更新日:2020年09月28日

二本足でちょこちょこと歩く姿が可愛らしいペンギンですが、稀に個人がペットとして飼っているという話が聞かれます。ペンギンをペットとして飼うには、どのような方法があるのでしょうか。今回は、ペンギンを個人で買うことができるのか、入手法や値段などをご紹介します。

ペンギンはペットとして飼えるのか・値段の相場とクリニック

水族館の者・ペンギン

ペンギンは、短い足で歩く姿がとても可愛らしく、水族館や動物園でとてもがあります。近年、ペンギンをペットとして個人が飼っているという話がしばしば聞かれ、テレビ番組にも取り上げられたことがありました。個人でペンギンをペットとして飼うには、どこでペンギンを購入するのでしょうか。また、どのような準備が必要なのでしょうか。

今回は、ペンギンはペットとして自宅でも飼えるのか、値段やクリニック、飼う前に考慮すべき問題などを詳しくご紹介します。

日本でも飼えるペンギンの種類

ペンギンは南極など寒冷地に生息しているイメージを持つ人は多いでしょう。ペンギンは現在18種類ほど(分類法によって種類数が前後する)存在しており、南極をはじめとする寒冷地で生息する種類のほか、南米や南アフリカ、オーストラリアやニュージーランドなどの温暖な地域で生息しているペンギンもいます。日本でペットとしてペンギンを買うのであれば、夏の暑さにも耐えられる種類を選ぶのが望ましいです。

以上のことを考慮すると、日本でペットとして飼うのであれば、キングペンギン、コガタペンギンが適しています。

キングペンギン

キングペンギンは南大西洋、インド洋の島で生息するペンギンです。体調は85〜90センチの大型のペンギンで、ペンギンの中では二番目に大きな種類です。潜水を得意とするペンギンで、300メートルほどの潜水記録も持っています。縄張り意識が強く、集団繁殖地(コロニー)で同種同士争うことがありますが、他の種類のペンギンと遭遇しても避けて歩いたり、攻撃をしないので、比較的穏やかな性格をしているので、大型ですがペットとして飼いやすい種類です。

コガタペンギン

コガタペンギンはオーストラリア南部やニュージーランドに生息しています。世界最小のペンギンと言われ、リトルペンギン、フェアリーペンギン、コビトペンギンとも呼ばれています。成鳥の体長は40センチ、体重は1キロ程度です。

コガタペンギンは他の種類のペンギンと違い、やや前傾姿勢で歩くため、最も原始的な種類のペンギンと考えられています。小柄なペンギンなので、ペットとして飼いやすい種類と言えます。

日本でペンギンはペットとして許可されているのか

ペンギンの中でもが高いケープペンギンとフンボルトペンギンは、体長約70センチほどの中型のペンギンで、日本の気候にも適応できる種類です。日本の水族館でも多く飼育されている種類なので、目にする機会も多いでしょう。

しかし、この2種類はワシントン条約によって保護されている絶滅危惧種のペンギンです、そのため、この2種類のペンギンに関しては輸入などの商取引が厳しく規制されており、生息地から直接日本に持ち込むことはできません。ただし、日本国内で繁殖した個体を入手することは可能となっています。

それ以外の種類は、輸入して購入することが事実上可能となっていますが、ワシントン条約で保護されていない種類でも、地球の環境変化により個体数が減少しているため、「絶滅危険性を示すレッドリスト」に指定されている場合もあります。ペットとして飼育するには充分な確認が必要です。

ペットのペンギンの値段・価格の相場

ペンギンの値段や相場価格は種類によって違いがありますが、「時価」とされているところがほとんどです。一番安価な場合だと70万以上で、キングペンギンは200〜300万ほどの価格帯で取引されています。繁殖が特に難しいコウテイペンギンは1000万以上の値段がつけられるケースもあります。ペンギンの購入費だけでも数百万単位が必要となるため、ペットとして飼うには充分な考慮が必要です。

飼う前に考慮すべき問題

ペットとしてペンギンを飼う際には、ストレスなく過ごせるよう飼育する環境を整えることが大事です。しかし、個人のペットとしてペンギンを飼うには、さまざまな問題があります。実際にペットとしてペンギンを飼うには、どのような問題を考慮しなければならないのでしょうか。
次のページ:ペンギンが買えるペットショップ

初回公開日:2017年10月28日

記載されている内容は2017年10月28日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related