Search

検索したいワードを入力してください

ツノガエルの寿命の長さはどれくらい?種類ごとにくわしく解説

更新日:2022年06月17日

ツノガエルの寿命がどの程度なのか知りたいと思っている人はいませんか。この記事では、ツノガエルの種類ごとの寿命を紹介するとともに、飼育方法についても解説しています。これからツノガエルを飼育したいと思っている人は、ぜひ参考にしてみて下さい。

ツノガエルの寿命の長さはどれくらい?種類ごとにくわしく解説
「ツノガエルってどんな特徴や生態のカエルなの?」
「ツノガエルを飼育してみたいけど、寿命の長さや種類、飼育方法や必要なものを知りたい」
ツノガエルの飼育に興味を持っている人の中には、このような疑問や興味を抱えている人もいるのではないでしょうか。

本記事では、ツノガエルの生態や特徴、種類、寿命の流れなどの基礎的な知識を紹介するとともに、飼育に必要なものや飼育方法について解説しています。

この記事を読むことで、ツノガエルがどのような生態のカエルなのかという基本的な知識を身につけることが可能です。その知識をもとに、飼育方法や飼育に必要なものを準備して適切な環境で飼育することができるでしょう。

ツノガエルを飼育してみたいと思っている人は、ぜひこの記事をチェックしてみて下さい。

ツノガエルってどんな生き物?

大きな体と可愛らしい顔つきが人気を集めているツノガエルは、ペットとして飼育する人も増えてきています。ただペットとして飼育する前に、ツノガエルがどのような生き物なのかを理解しておくことが必要です。

ここからは、ツノガエルの生物学的分類や生息地、その食性について解説します。

生物学的分類

ツノガエルの生物学的な分類としては、「両生類無尾目ツノガエル科ツノガエル属」となります。わかりやすく言えば、両生類のカエルの仲間です。ただツノガエル属だけではなく、「無尾目のユビナガガエル科」にも分類されている場合もあります。

生息地

ツノガエルの主な生息地はアルゼンチン、ブラジル、ウルグアイ、パラグアイといった南米で、河川や湖近くなど湿気の多い場所を好んでいます。ただツノガエルは種類によって生息地が異なっていて、種類によっては乾燥した草原などを好んでいることも多いです。

食性

ツノガエルはオタマジャクシの頃から肉食性です。コオロギなどの昆虫のほかにもネズミなどの小動物、さらには同種のカエルも食べることがあるなど、口に入る大きさの動物であれば何でも食べてしまう食欲の旺盛さがポイントとなっています。

ちなみに捕食方法は自分から動いて食べに行くわけではなく、土に堀った浅い穴に入って獲物が通りかかるのを待つスタイル(ルアーフィッシングと呼ばれる方法)です。

ツノガエルの特徴



ツノガエルの特徴としてまず挙げられるのが、頭の上から生えている小さなツノです。体の半分以上の大きさがある頭から生えているツノは名前の由来でもあり、愛嬌のある見た目として人気があります。

そんなツノガエルはメスは鳴かず、オスは繁殖期に「キューン」という子犬のような高い鳴き声をしています。それ以外にはツノガエル自身に触れたときや水をかけたときにも、小さな悲鳴のように鳴くようです。

ほかにもツノガエルの特徴として、空間認識力と皮膚が持つ水分吸収力があります。ツノガエルは空間認識力が低いとされているほか、皮膚から水分を吸収するという性質を持っているのです。

ツノガエルの種類と寿命



ツノガエルには複数の種類があり、その中でもペットとして流通しているのはクランウェルツノガエル・ベルツノガエル・アマゾンツノガエルの3種類です。

それぞれのツノガエルの種類は見た目の特徴や大きさが異なるほか、寿命や買いやすさの難易度も違っています。このため、それぞれの種類の基礎的な知識を踏まえて自分が飼育しやすい種類を把握することが大切です。

ここからは、ツノガエルの種類とそれぞれの特徴や寿命、飼いやすさなどを解説します。

クランウェルツノガエル

クランウェルツノガエルはベルツノガエルよりも一回り小さいサイズで、8~12cm程度のツノガエルです。アルゼンチンやブラジルなどの南米に生息しており、やや口先が細く短いツノが特徴として挙げられます。

生息地の近さから交雑することが多く、カラーバリエーションが豊富です。寿命は10~15年ほどで、餌付けしやすいことから飼育難易度は易しいと言われています。

ベルツノガエル

ツノガエルの代表格として知名度が高いベルツノガエルは、アルゼンチンやブラジルに生息する10~15cm程度の標準サイズのツノガエルです。ツノガエルの見た目の特徴として挙げられる内容は、ほとんどこのベルツノガエルがベースになっています。

スタンダードカラーは緑色がベースで赤色が入る形になっていますが、それ以外のカラーリングが豊富なのでコレクション性が高いです。寿命は10~15年程度で、他の種類よりも貪欲で人工飼料も食べてくれるので、飼育難易度は特に易しくなっています。

アマゾンツノガエル

ベネズエラやコロンビアなどに生息しているアマゾンツノガエルは、目の上のツノがほかのツノガエルよりも長く、顔つきもシャープになっているところが特徴です。

体長は7~12cm程度で寿命は10年程度とほかのツノガエルとあまり大差はありませんが、神経質な性格で食欲が少ない点から餌付けが難しくなっています。このため、ツノガエルの中では飼育難易度は難しいとされています。
次のページ:ツノガエルの入手方法

初回公開日:2022年06月17日

記載されている内容は2022年06月17日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related