Search

検索したいワードを入力してください

ハムスターの床材は新聞紙でいいの?巣材に材料紹介

更新日:2022年06月30日

ハムスターの飼育に必要な「床材」ですが、専用品でなく、日用品を流用したい人も多いでしょう。手に入りやすい素材、新聞紙を床材として使うメリットと使用方法をご紹介します。また、ハムスターの性質から考えた、安全な素材と危険な素材も、ご紹介します。

ハムスターの床材は新聞紙でいいの?巣材に材料紹介

ハムスターに床材は必要?

ハムスターは、地面に巣穴を掘り、その中にさまざまなものを敷きつめて生活する性質があります。

ペットとして飼育するハムスターに床材(とこざい)は必需品ですが、何でもいいわけではありません。

ハムスターに床材が必要な理由1:足裏の保護

床材は、ハムスターを怪我から守る役目があります。

ハムスターは動き回る生き物で、ケージの中で移動を繰り返すため、足の裏の保護が必要になってきます。

この際、弾力性の高い素材だと、固すぎてあまり移動しなくなります。移動しなくなると運動不足に陥り、肥満やトイレを覚えてくれないなどのマイナス面が出てきてしまいます。

ケージの中で高いところから落ちたり、コケたりした際にも、クッションとなってくれます。

ハムスターに床材が必要な理由2:吸水効果と保湿効果

床材を置いておくと、保湿効果が高まります。

100%ではありませんが、床材は、ウィルスや最近の侵入を防ぐ、フィルターの役目を果たしてくれます。

チリやホコリが舞い上がるのを防ぐ役目をすると同時に、床材の中に含まれた水分が、空気の乾燥を防いでくれます。

また、人間の生活臭から、ハムスターを守る役割もしてくれます。

ハムスターに床材が必要な理由3:清潔さのため

直接ケージに汚れがつくわけではないので、床材を取り替えるだけで掃除が完了します。

ケージ内をきちんと清掃することは大切ですが、「短時間で何度もマーキングをされる」「さっき掃除したばかりなのに」というときに、その部分だけさっと交換すれば、手軽に清潔にできます。

薄い色の床材であれば、尿の色を観察できるため、病気の早期発見につながります。

ハムスターの床材に新聞紙を使ってもいい?

ハムスターの床材として、新聞紙は優秀な材料です。

吸水性・保湿性・温度調節・衝撃緩和など、新聞紙はハムスターの安全を守ってくれます。

新聞紙が優れている、代表的な3つの理由をご説明しましょう。
床材に使用したものハムスターの反応
新聞紙
チップ
牧草×

ハムスターの床材に新聞紙を使う理由1:ハムスターの走る速さにピッタリ

ハムスターは、時速4~7キロメートルで走ります。

瞬間的には時速10キロメートルを超えるといわれていて、人間がジョギングするのと同じくらいの速さです。

急加速や急停止を繰り返しますので、四足すべてに負担がかかります。足裏の保護は必須です。床材は、沈みすぎず、跳ね返りすぎない強度ものが好ましいとされていて、新聞紙はこの条件をクリアしています。

ハムスターの床材に新聞紙を使う理由2:ハムスターの走る姿勢にピッタリ

ハムスターは、お腹を地面スレスレに下ろし、四足を地面につけるで走ります。

ハムスターは、どのスピードのときにも、同じ姿勢で走ります。走り出すとき、止まるときも、すべて同じ姿勢です。足を素早く動かしますので、足に何かが絡んでしまうと怪我につながります。

急停止や急加速の際に、足に絡まりにくい新聞紙は、床材としての基準に合っています。

ハムスターの床材に新聞紙を使う理由3:ハムスターの好む床材

次のページ:ハムスターの床材を選ぶポイント

初回公開日:2019年07月30日

記載されている内容は2019年07月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related