Search

検索したいワードを入力してください

オウムの仲間「ヨウム」の値段って?飼育方法や必要な物なども解説

更新日:2022年08月06日

知能が高く、コンパニオンバードとしても人気のヨウムという鳥をご存知でしょうか。この記事では、ヨウムの基本データや値段、飼育方法などについて詳しく解説します。ヨウムについて詳しく知りたいという人は是非参考にしてみてください。

オウムの仲間「ヨウム」の値段って?飼育方法や必要な物なども解説
「ヨウムってどんな鳥?」
「ヨウムの値段はどれくらい?」
「ヨウムを飼育する際に、どのようなことに注意すれば良い?」
とても知能が高いヨウムという鳥をご存知でしょうか。

ヨウムはその知能の高さからおしゃべりが得意なだけでなく、言葉の意味を理解してコミュニケーションがとれると言われています。

本記事ではヨウムの基本データや種類別の値段相場、ペットとして飼育する際に必要なものなどについて解説します。記事を読むことでヨウムがどのような鳥なのか、その値段や飼育に必要なものについて知ることができるでしょう。

またヨウムの飼育方法や飼育する際の注意点についても併せて解説します。ヨウムについて興味がある人や、ペットとして飼ってみたいと思っている人は是非参考にしてみてください。

ヨウムの値段はどのくらい?

大型のコンパニオンバードの中でも人気のあるヨウムという鳥をご存知でしょうか。ヨウムは比較的おとなしく高い知能を持ち、人にも慣れやすいためペットとして人気があります。

ヨウムの値段は種類や個体の年齢などによっても変わってきます。最近では個体数が減少傾向であることに加え、2016年にワシントン条約によって取引が制限されたため値段は上昇傾向であり、今後も値段が高騰すると考えられるでしょう。

ヨウムの種類による値段については後程、くわしく解説します。

出典:ワシントン条約第17回締約国会議の結果概要について|環境省
参照:https://www.env.go.jp/press/103093.html

ヨウムは人気のコンパニオンバード

ヨウムはオウム目インコ科に分類される中型から大型のインコです。オウムの仲間は頭部にある冠羽の有無によって、インコ科とオウム科に分けられ、冠羽があるものがオウム科、ないものがインコ科に分類されます。

おしゃべりをすることができるオウムの仲間の中でも、ヨウムは非常に知力が高く複雑なコミュニケーションをとることができるため、コンパニオンバードとしてとても人気があります。

ヨウムの基本データ

ヨウムに興味はあるけれど、その生態などについて詳しく知らないという人もいるのではないでしょうか。

ここでは、ヨウムの生態について詳しく知ってもらうためにヨウムの基本データについて解説します。

分布

ヨウムはケニアやタンザニア、コンゴ、アンゴラなどを原産とする鳥で、主にアフリカ西海岸の木々が生い茂っている森林地帯やその周辺に分布しています。

近年では森林の消失や、ペットとして販売するために乱獲されたことにより、ヨウムの数は激減していると言われています。

歴史

日本ではペットとしての馴染みがあまりないヨウムですが、ヨーロッパやイギリスでは古くからペットとして貴族に愛されており、ポピュラーなペットです。

古くは古代エジプトの象形文字にも使われており、古代ギリシャやイギリスの貴族に飼われていました。

またヨーロッパだけでなく、アメリカでも早くからペットとして飼育されており、今では世界中で見ることができる定番のペットとなっています。

寿命

ヨウムの寿命は50年前後だと言われており、一般的なペットである犬や猫などと比較すると寿命がかなり長い生き物だと言うことができます。そのためペットとして迎える場合には、最期まで責任を持って飼う覚悟が必要です。

とても寿命が長い生き物であるため、高齢になって飼育できなくなった飼い主から譲り受けるケースや、飼い主が代替わりするケースも多く見られます。

大きさ

ヨウムの大きさはヨウムの種類や性別、生息地などによって違いがありますが、とくにコンゴに生息しているヨウムは大きい傾向にあると言われています。

一般的には体長およそ30cm前後、体重は300gから500g程度です。

鳴き声

ヨウムは、ヨウムと同じかそれ以上の体格のオウムやインコと比較すると小さな声で鳴きます。しかしストレスが溜まると、寂しいときに飼い主などを呼ぶ鳴き声が大きくなりがちです。

呼び鳴きの声が大きいと、ピアノの音量と同じくらいの大きさの声になるため、アパートなどの集合住宅の場合には防音対策をする必要があるでしょう。

性格

次のページ:ヨウムの種類と値段の相場

初回公開日:2022年08月06日

記載されている内容は2022年08月06日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related