Search

検索したいワードを入力してください

ペットにウサギの種類13選!値段や性格なども解説

更新日:2022年09月06日

犬や猫の次にのあるペットがウサギです。マンションやアパートでも飼いやすく、小動物として許可しているところも多くあります。ウサギの種類はたくさんあります。とくにがあるウサギを13種類ピックアップしてみました。性格や購入する際の値段などをご紹介します。

ペットにウサギの種類13選!値段や性格なども解説

ウサギとは?

ウサギは、ウサギ目に属する哺乳動物です。ウサギの種類も大きく分けて「アナウサギ」と「ノウサギ」があります。

ペットとして親しまれているウサギの種類のほとんどが「アナウサギ」です。意外と学習能力が高いため、名前を呼ぶと反応したり、トイレのしつけなどもできることから、が急上昇しています。

ウサギの生態

ウサギは、小学校の飼育当番になった人もたくさんいる身近な動物ではないでしょうか。しかし、その生態は一緒に生活してみないとわからないものです。

まず、ウサギの活動時間は、朝と夕方が最も活発になります。昼間は、ほとんどうたた寝している状態です。場合によっては、目を開けて寝ていることもあります。

ウサギの種類の特徴として、ノウサギは運動量が多いのですが、アナウサギは、それほどではないという生態からペットとして改良されてきました。

ウサギの五感

ウサギの種類で若干の違いはありますが、「聴覚」「視覚」「嗅覚」「味覚」「触覚」という優れた五感があります。

まず聴覚では、長い耳により集音することができます。前後左右と可動域が高いので、かすかな音も逃しません。

視覚では、顔の両脇に目がついているため、ほぼ360見ることができます。見えない場所は、頭の真後ろと鼻先くらいです。ただし、立体的に見たり、鮮明に見たりすることが苦手です。

嗅覚も犬とほぼ同じくらい発達しています。常に鼻を動かしているのは、嗅覚によってより詳細の情報を得ようとしているからです。

味覚も敏感です。ウサギは意外とグルメです。味を感じる味蕾という細胞は人間の2倍も持っています。そのためエサの好き嫌いが多いかもしれません。

ペットにウサギの種類1:ネザーランドドワーフ

「ピーターラビット」のモデルになったウサギの種類といえばわかりやすいのではないでしょうか。名前の「ネザーランド」はオランダのことです。そして「ドワーフ」は小さいという意味があります。

その名のとおり、小柄でかわいらしく、室内で飼うペットとしてです。
原産地寿命体重値段飼育ポイント
オランダ5~7年1㎏15,000~20,000円室温管理・ブラッシング

ネザーランドドワーフの値段

ネザーランドドワーフは、ペットショップで20,000円前後です。専門店では30,000~70,000円と高めになっています。その理由は、血統が大きく関わっています。

猫や犬と違って、ウサギの場合、純血種は少なくなっています。そのため、ウサギの種類でネザーランドドワーフとあっても血統書が付いているかいないかで、かなりの値段の開きがあります。

ネザーランドドワーフの性格

ネザーランドドワーフの性格の特徴は「活発」「フレンドリー」「好奇心旺盛」です。まさにピーターラビットそのものといっていいでしょう。これが、ネザーランドドワーフがペットとしてのが有数となる理由です。

他のウサギの種類よりも感情表現が豊かですから、自分から甘えてくるということも珍しくありません。なかには、独立心が旺盛ですぐに人に慣れない子もいますが、接していくうちに、名前を呼ぶと来るようになります。

ペットにウサギの種類2:ホーランドロップイヤー

ホーランドロップイヤーは、垂れ耳が特徴のウサギの種類です。短毛というウサギの種類ですが、耳が垂れていることから、耳の掃除は欠かせません。

小さな体ということだけでなく、性質もお穏やかなので、初心者でも飼いやすいウサギの種類といえます。
次のページ:ペットにウサギの種類3:ダッチ

初回公開日:2019年08月30日

記載されている内容は2019年08月30日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related