Search

検索したいワードを入力してください

ミツユビハコガメの飼育方法|餌やケージなど飼育に必要なものや特徴について

更新日:2022年06月24日

ミツユビハコガメを飼ってみたいとは思いませんか。ころんとかわいいこのカメは少々高価なことを除けば、初心者にも飼いやすい種と言えます。この記事では飼育方法について、詳しく説明しています。ミツユビハコガメを飼ってみたい方は、ぜひ参考にしてください。

ミツユビハコガメの飼育方法|餌やケージなど飼育に必要なものや特徴について
カメを清潔に保ち、皮膚炎を防ぐためにも、定期的に体全体を洗います。普段の水浴びでは甲羅は水に浸かりませんから、甲羅は清潔なスポンジなどで洗いましょう。その際、カメを溺れさせないよう気をつけてください。

月に2回くらいのペースが基本ですが、冬場は水温が下がり、カメも代謝が低くなっているので、無理に洗わなくてもかまいません。洗う場合は30℃くらいのお湯を使い、バスキングライトでよく体を乾かします。

ミツユビハコガメの入手に関して


ミツユビハコガメは、かつては野生の個体が安価で購入できました。しかし、ワシントン条約でⅡ類に指定されてからは、販売される個体のほぼ100%人工繫殖のものになり、カメとしては高価です。

さて、その値段ですが、甲長10cm以下の幼体で3~6万円、成体は10~15万円程度です。

購入できる場所として、ペットショップや熱帯魚店、ネット通販などが普通です。時期が適当なら東京・大阪を中心に全国で開催されているペット即売会を訪ねてみるのもいいかもしれません。

出典:ワシントン条約(CITES)|経済産業省
参照:https://www.meti.go.jp/policy/external_economy/trade_control/02_exandim/06_washington/index.html

ミツユビハコガメを飼う場合は飼育方法を理解しておこう


ミツユビハコガメはリクガメに近い生活をしていますが半水棲のヌマガメです。かつては安価だったこともあり、個体によって甲羅の模様や体色が様々で人気を集めてきました。現在でも、とても人気のあるカメです。

この種のハコガメは多湿な環境を好んでいるので、乾燥には注意が必要ですが、餌は人工餌や昆虫、果物などなんでもよく食べるので、飼い方は難しくありません。飼育方法を理解しておけば、初心者にも飼いやすいカメです。

初回公開日:2022年06月24日

記載されている内容は2022年06月24日時点のものです。現在の情報と異なる可能性がありますので、ご了承ください。
また、記事に記載されている情報は自己責任でご活用いただき、本記事の内容に関する事項については、専門家等に相談するようにしてください。

Related